スタッフ

アーカイブ

スタッフブログ STAFFBLOG

第2回:細部まで魅せられるブランドの表現

こんにちは。デザイナーの大津です。

先週、愛媛の友人宅にお邪魔し、松山観光を堪能してきました。
代表溝田の故郷でもあるため話には聞いていたのですが、
松山は気候も暖かく、ゆったりした場所でのんびりと過ごしました。
というか、気候が暖かすぎてですね、
菜の花どころか向日葵もたくさん咲いていまして、
愛媛はもしかして南半球なんじゃないか?と思いました笑

さて、今回のご紹介するブランドはスノーピークです。
https://www.snowpeak.co.jp/

キャンプをしている方々の間では、よく知られているブランドですね。
新潟の燕三条発のメーカーで、
優れたデザイン・サービス・経営で、国内外大注目のアウトドアブランドです。
「人間性の回復」をミッションとし、
アウトドアを中心としたライフバリューを提案していますね。

店員さんが作るスノーピークのDM

去年の秋にスノーピークの直営店に寄ったのですが、
その後、年2回行われている「雪峰祭」という感謝祭のDMが届きました。

「雪峰」とは「スノーピーク」を漢字にした名前のようです。
ロゴはスタンプ風で、人の手で作られているお祭り感がありますよね。
実際にワークショップあり、キャンプあり、
雪峰祭については以下をご参照ください。
https://www.snowpeak.co.jp/event/seppousai/

紙は見たところ、「フリッター」という紙のようです。
不揃いにもこもこと波打つ白い紙が、雪原を想起させるようで、
紙の選定がセンス良いな〜と思いました。

その上には、snowpeakのロゴがスタンプで手押されています。
これはスタッフさんの手押しで、ムラがあるのですが、
店員さんからその一手間をかけて作っていることに感動しました。

ふらっと立ち寄って数分接客してもらっただけなのですが、
コメントも数行手書きで書いてくださり…。
効率化が求められるこのご時世に
手間と気持ちを込めて作られた「DM」という小さなツールに、
「人間性の回復」というミッションを掲げたブランドが出ているように思います。
年賀状もそうですが、やはり人の温もりが感じられると違いますよね。
(店員さん、素敵なDMをありがとうございました!)

今年はスノーピークのテントでたくさんキャンプできると良いな〜と思います。
以上、スノーピークのあったかDMのご紹介でした。

2020年1月15日 | スタッフ:,  

【今週のメルマガ配信】

新年あけましておめでとうございます。
ディレクターの村上です。今年初のメルマガとなります。
お正月はいかがお過ごしになりましたか。
本年もゆるく皆さまのお仕事の箸休めになるようなメルマガを目指してまいります。どうぞお楽しみください。

ところでこんな時期外れな話題ですが、先日水着を買う必要があり売り場に行きました。ひとつ驚いたのが最近は、<水陸両用水着>というのがあるんですね。ご存知でしたか?
普段着としても水着としても使えるというのです。
確かにある程度の金額の水着を選ぼうとすると、年に数度しか着ないのに「もったいない」と躊躇していまいますが、「フィットネスなどでも使えます」と言われると一気にお財布が緩みますね。購入してしまいました。(笑)

ぜひ売り場に行く機会がありましたらチェックしてみてくださいね。
男性用も女性用もあるようですよ。

《水陸両用水着 一例》
https://item.rakuten.co.jp/gekiyasu-mizugi/318574/

【制作実績】オリーブテラスWEBサイト制作

JR山手線大崎駅にある商業施設「オリーブテラス」の WEBサイトリニューアルをお手伝いさせていただきました。
オリーブ色をメインに、都会ながらも落ち着きがあり、ファミリー層も多くみられる周辺の空気感が伝わるようなデザインをしています。

リニューアルに伴い、これまでの運用をふまえて改善したい点など、ご要望をお伺いし、提供する情報がより分かりやすくなるような構成の整理や、操作性など考慮しながら制作しました。また、写真を多く配し、スライドやティッカー(文字を流して表示させる仕組み)などを使用することで動きのあるビジュアル重視のサイトとなっています。

オリーブテラス Olive Terrace
https://www.parkcityosaki-sr.jp/

【DESIGNAM 働き方改革】効率のよい文字入力の方法

働き方の効率を考えたときに、いかに効率化がはかれるかということが課題の1つですが、去年一番画期的だなと思ったひとつがiPhoneの音声入力です。(Androidユーザーの方ごめんなさい )
私がよく使用するのは、アプリ内の中でも「メモ」ですが、他でも文字入力が必要な画面でマイク型のボタンがあれば対応しています。
そのボタンをタップして話しかけます。
文字を入力するのは、いったん頭に浮かんだ言葉を文字に直すという作業が発生します。しかし音声入力は思ったままを声に出すだけでテキストデータになるのでスピードが違います。

かなり正確に入力してくれるので画期的です。
言葉以外、以下のように話すと記号などは動作してくれます。

【、】(読点)・・・てん
【。】(句点)・・・まる
【改行】・・・かいぎょう
【「」】・・・かぎかっこ/かぎかっことじる
【/】(スラッシュ)・・・すらっしゅ
【 】(スペース)・・・たぶきー

なかなか進まない原稿書きや議事録などは、おおよそこれで原稿を作成しパソコンに送信して全体を手直しします。
慣れてきたら普段の1/3くらいの時間で仕事がはかどります。
ぜひピンと来た方は試して見てくださいね。

【参考資料】TIME & SPACE
https://time-space.kddi.com/mobile/20190110/2532

2020年1月14日 | スタッフ: 

【お店紹介】第2回:湘南唯一の蔵元 熊澤酒造

こんにちは。ディレクター 草場です。
なんでもネットで買えてしまうこの時代に、ついつい足を運びたくなるお店を紹介しています。

今日ご紹介するのは「熊澤酒造」。

みなさんご存知でしょうか?
湘南唯一の酒造なのだそうですが、レストランやショップが大変素敵で、その雰囲気を感じるためだけにでも、遠出したくなる場所です。

湘南唯一の蔵元 熊澤酒造

茅ヶ崎にある、湘南唯一の蔵元「熊澤酒造」
木々に囲まれた場所にある、とても気持ちの良い酒蔵です。

敷地内にあるのは、酒造はもちろん、ベーカリーやトラットリア、雑貨屋さんまで。地元野菜の販売なんかも行われていました。

想いに基づく素敵な取り組み

そんな熊澤酒造が大切にしている想いが、こちら。


明治5年の創業以来、ひたむきに日本酒を造り続けて150年。熊澤酒造は湘南に残された、ただひとつの蔵元です。

僕たちは、蔵元を単なる酒造メーカーだとは思っていません。地域の誇りとなる酒造りはもちろん、人々がそこに集い、酒を酌み交わし、何かを生み出す磁力を持った場所。
そう、地域文化の中心地でありたいと考えているのです。

そこに蔵元があることで、人々の暮らしが豊かになり、独特の文化が生まれる。
その文化は成熟し、100年、200年後にも受け継がれていくことを、僕たちは願っています。

引用元:https://www.kumazawa.jp/concept/


この想いに基づいた素敵な取り組みのひとつが、「地元農家とのプロジェクト」。
地域で栽培される農産物を使ったお酒やビールの開発、地元養豚農家とのソーセージづくりなども、もう20年、行なっているそうです。地域そのものを魅力的にし、地域貢献していくというプロジェクト。

他には、「歴史をつなぐプロジェクト」。
倉庫を改築したギャラリーの運営、古民家を移築してカフェやレストランとして活用したりして歴史をつないでいます。少しずつ、時間をかけて根を張り、文化を築いていこうというプロジェクト。

倉庫を改築したギャラリー

古民家を移築したカフェ

レストラン

お店に限ったことではないですが、「確固とした想いと取り組み」が感じられると、印象に残りやすいですよね。
共感を感じたり、誰かにオススメしたい気持ちにもなります。

時間をかけてじっくり、取り組みを続けてきたことが、熊澤酒造が人を惹きつける理由なんだろうなと感じます。

機会があれば、みなさんも是非、よってみてくださいね〜!

参考 https://www.kumazawa.jp/

2020年1月9日 | スタッフ:,  

< 古い記事 |

pagetop