スタッフ

アーカイブ

スタッフブログ STAFFBLOG

第3回:広告として成功するブランディング

こんにちは、デザイナー安武です。
令和になり2月に祝日が増え、嬉しいような気もしますが、ただでさえ短い2月がもっと減ってしまったような、不思議な感覚です。。今年はうるう年なので来年はもっと駆け足に感じるのでしょうか。それは歳のせい!という心の声も聞こえますが、それは来年の自分に問いましょう。

さて、今回のブランディングと広告の話は、私がブランディングの〈とっかかり部分〉と思うところです。


ブランドを決めるのは何?

ブランディングについて考えるとき、「何を」ブランドとするかをはじめのステップで考えます。
世の中のブランディングケースを見たときに、問題があればあるほど、「何を」の部分がよく考えられています。

いやいや、会社のブランディングなんだから、会社でしょ。
このブランドをブランディングしてって依頼したよね。

そんな声も聞こえます。でも、「何を」の部分を細かく具体化していくところから、ブランディングは進んでいくのです。

ピントは合っているか

ピントが合っていないと、人には正しく伝わりません。
それは例えば、10人の会社が1000人規模の企業であるかのように見せることと同じで、正しくない情報は誤解を生みます。
一方的に生まれた誤解は誰もハッピーにしてくれません。
そうならないために、きちんとピントを合わせて、正しく伝えると言うことが、とても大切なのだと思います。

さらにいえば、ピントが“合う”ことによって、奥行き感(深み)を感じさせられると思うのです。

ではどのように??というと。

「私たちは、デザインエイエム」
これではすでに名が知れ渡っていて、ブランドが確立されていなければ成り立ちません。

「私たちは、渋谷区のデザイン事務所の、デザインエイエム」
ではちょっと弱い。渋谷区にデザイン事務所はうんと沢山あるし、その沢山の中から選んでもらう動機がない。

「私たちは、渋谷区のブランディングデザイン事務所の、デザインエイエム」
ちょっと具体性が出てきました。

「私たちは、日本でブランディングもロゴもWEBもできるデザイン事務所、デザインエイエム」
間違ってはいませんが…ちょっとぼやけましたよね。。

こんなふうに尺度を変えながら、ピントを合わせていきます。
この「何のブランドか」というのは、自分達は何者かと言うことでもあります。

広告手法では、この自分達のカテゴライズというのを、ちょっと無理矢理つくりだすこともあります。
むしろ何か大きな代表例にのっとり、それっぽく見せたり、流行のスタイルにはめ込んだり。
でも、ブランディングにおいては、正しく、本来の姿の魅力を伝えることが大切なのだと思います。

自分達は何者なのか、外側からどう見えているのか。

ちょっと脱線「わたしは誰でしょうクイズ」

乗り物や食べ物、動物、道具などが書かれたカードがあります。
目をつぶってカードを引いて、額に貼り付けます。
わたし(カードの絵柄)は誰か?を簡単にで答えられる質問を周りにします。
「わたしは食べ物ですか?」「そうです」→「わたしは硬いですか?」「柔らかいです、ふわふわです」
→「わたしはそのまま食べますか?」「そのまま食べたり、焼いたりします」→「わたしはパンですか?」「アタリ!」
…というゲーム。(大分端折りましたが)園児さんくらいでやると盛り上がります。

これ、自分達は何者かを探すちょっとしたヒントになります。
ポイントは、外からどう見えているのか。

誰にでも分かるような簡単な言葉で、自分を言い表すというのは、案外難しいものです。
事業内容や、同業他社との違いなど、言いたいことは山ほど積まれ、聞いている方は何だったか分からなくなる。
そして自分自身のことって、こうだと思っていても傍目には違うかも、と言うことありませんか?
自分が思う自分の姿と、他人から見える自分の姿。
この2つを理解することが、ブランディングの大事な一歩でもあるのです。

正しい理解が、本来の姿と、魅力を見つけ出させてくれます。


今回はブランドとは何かを、ピントを合わせることと、自分達は何者かということで展開しました。
複雑に見えるかもしれませんが、1つずつクリアにしていくことで、「私はこういう者です」ということが明文化していくのは、なかなか小気味よいものです。
次回は、赤く見えているものを青く見せたい、さてどうしましょう。

2020年2月25日 | スタッフ:,  

【文字と紙】オススメの紙

こんにちは!デザイナーの山本です。

先日、21_21 DESIGN SIGHTにて
「㊙︎展 めったに見られないデザイナー達の原画」を見てきました!
エイエム社員も既に行ったという話を聞いていたので、
とても楽しみにしていました。
展示の内容は、とても充実していて面白かったです。

が、私は展示内容について書くわけではなく…
(弊社小倉が展示について紹介していますので、内容が気になる方は
こちらへ)

その展示のグッツで、ツバメノートに久々に出会いました!
ツバメノートの書き味の良さを思い出しまして、
そこで、今日は、オススメの紙(ノート)の紹介をしたいと思います〜!

フールス紙

フールス紙というのは、印刷のためではなく、
書くために作られたとても品質の高い紙です。
一般的に良いとされている上質紙よりもひと工程多く、
筆記特性に優れたオリジナルの紙となっています。

明治時代、イギリスから高級筆記用紙が輸入され、
優れた万年筆筆記用紙の国産化を目指し、
数種の「フールス紙」が生まれました。

国内初として生まれた鵬紙業の「OKフールス」、
渡邉初三郎商店(現:ツバメノート)の「フールス紙」、
今は廃盤になってしまった鵬紙業(旧:菊田洋紙店)の「バイキングフールス」など、
製紙メーカーと販売店が様々な研究を積み重ねて開発したようです。

特に、ツバメノートは、高品質のフールス紙をさらに特漉きしており、
より筆記の特性に優れた紙を完成させたのがツバメフールス紙だそう!
透かしが入ってるのがとてもお洒落でしたが、
今はマークを入れる機械が故障してしまい、なくなってしまいました。

紙のサラサラ感と書き心地の良さをぜひ味わってください!

ツバメノート

大学ノート

トモエリバー

紙の名前で聞くと、馴染みがないかもしれないですが、
ほぼ日手帳ジブン手帳などに使用されている紙と言ったら
わかりやすいかもしれません。

カタログや辞書の郵便コストを抑えることを
目的として開発された「薄く軽い紙」のことを言います。
トモエリバーは、数種類が存在しており、
「トモエリバー・手帳用」が書き心地を重視して作られた紙です。

薄いのに、裏写りしにくいところも、定評があります。
また、ペラペラの薄い紙なのに、にじみづらく丈夫なのも人気の秘密です。

ちなみに、手帳だけでなくルーズリーフやノートもありました!

トモエリバーFP

「クラシ手帳」サイズのスリムノート(3冊セット)/KURASHI&Trips PUBLISHING

薄くて書き心地がとても良いので、
たくさん書きたくなってしまいます。

是非、文房具屋さんや本屋さんで見て、触って、試してもらえたらと思います。

2020年2月18日 | スタッフ:,  

【お店紹介】第3回:MEALS ARE DELIGHTFUL

こんにちは。ディレクター 草場です。
なんでもネットで買えてしまうこの時代に、ついつい足を運びたくなるお店を紹介しています。

今日ご紹介するのは「MEALS ARE DELIGHTFUL」。

愛知県瀬戸市にある、株式会社マルミツポテリが運営する建物の名前です。
実は、弊社オフィスのすぐ近くにあります。

「食器によって食事を楽しくしたい」
MEALS ARE DELIGHTFUL

MEALS ARE DELIGHTFULは「食器によって食事を楽しくしたい」と考えている、マルミツポテリのコンセプトを表す言葉です。
コンセプトを形にするための提案を続けており、1階に「DISHES」、2階に「Meals」、3階は「富ヶ谷食事研究所」と、3つの直営店が入った建物になっています。

1階の「DISHES」は食器のお店。
マルミツポテリの食器ブランドが、季節やシーンに合わせて提案されています。

2階の「Meals」は食堂カフェ。
季節に合わせて料理や食器が考えられており、一汁三菜がベースの食事をいただけます。

3階は「富ヶ谷食事研究所」
食器を使うこと、食事をすることが、今よりさらに楽しくなるような実習や講座が開催されています。

本当に大事なことを簡潔に等身大で少しの憧れをもって表現したい

マルミツポテリの価値観、私はなんだかとても、ぐっときました。
一部抜粋します。


スタジオエムをはじめてから7年後、名古屋市名東区に自家製食器揃えの店、クーヴェール・ア・ラ・メゾンをオープンさせました。
ただ、オープンしたにもかかわらず、残念な事に全く売れませんでした。お客様が1人も来ない日もありました。

どうしたら「たのしい食事」を提案できるか、いろいろと模索しました。

ポストカードを配ったり、フライヤーを様々なお店に置いてもらったり、カタログを作ったりもしました。おせち料理、カレー、お茶などの料理イベントや、絵付け・箸置き作りなどの体験イベントや、碗鉢丼・スープカップ・小皿・土鍋などの企画商品イベントなどを何回も何回も行いました。

お客様と対話することを大切にしながら接客をしました。

そしてある時気付きました。

マルミツポテリがカッコイイと感じる事を伝えて行かなければならないことを、、、

この食器でこんな食事をして憧れの生活をする、 この大事なことを解りやすく伝えていかなければいけない。

お店であろうとも、商品であろうともその部分は何もかわらないのだと。

だからこそ、もう一度考えてみました。デザインは本当に素朴でシンプルで飽きのこない、そして憧れるような食器なのか?

そしてそれを解りやすく伝えているか?憧れていたような生活を送ってもらうことができているか?

そのように考えていくと、コンセプトワーク・デザイン・調理・撮影・提案・食事、すべてをマルミツポテリで完結できるようにしたいと考えました。

そしてすぐに実行しました。

そうしているうちに、気が付くと多くのお客様にご来店頂けるようになっていました。飛び上がるほど嬉しく思った事を今でも覚えています。

引用元:http://www.marumitsu.jp/company/#culture_t


真摯に向き合ってきたからこその、また、きちんと想いを伝えていくための、お店、商品だということを、改めて教わった気がします。

私達はデザイン事務所なので、素敵な考えをもったお店や会社の「良さ」を、
きちんと伝えていくことが役割。
もっともっと役に立っていきたいと、改めて思いました。

参考 http://www.marumitsu.jp/m_a_d/
    http://www.marumitsu.jp/

2020年2月6日 | スタッフ:,  

< 古い記事 |

pagetop