スタッフブログ STAFFBLOG

ブルーナカラー

こんにちは。
web担当の吉村です。

明日、4月19日(水)より、「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン」展が開催されますね。

絵本の「ミッフィー」シリーズで有名なオランダの絵本作家、ディック・ブルーナですが、グラフィックデザイナーとしての側面もあり、ペーパーバックシリーズの「ブラック・ベア」はその代表的な作品として有名です。

そのディック・ブルーナのデザイン原画やスケッチなど、約500点が銀座で見ることができるとのことで、開催を知ってからウズウズしている次第です。

ブルーナ作品の共通の特徴といえるのが、極力シンプルにした構造のなかに織り込まれたユーモアだと思います。
学生の頃、恩師が「ミッフィーに明確な表情がないのは、絵本を読む子どもたちが想像力を働かせて、感情を感じ取れるデザインとしているから。」と解説していて、すごく衝撃を受けたのを思い出します。
無表情のようだけど、どこか温かみを感じるブルーナの生み出したキャラクターたちは、常に正面を向いています。「嬉しいときにも悲しいときにも目をそらすことなく、読者の子どもたち対峙していたい」というブルーナの思いが込められているそうです。

また、私がブルーナの作品で特に好きな要素でもあるのが、独特の世界観を作り出しているカラーリング。通称「ブルーナカラー」と呼ばれているのですが、6色にはそれぞれ意味があるそうです。

「赤」…喜び・楽しさ。幸せで豊かな空気のイメージ。温かい、愛情の色。
「黄色」…明るさ・楽しさ。赤や緑に温かみを与える色。
「緑」…安心・安定。私たちの世界を彩る、樹木などの自然描画に必要な色。
「青」…悲しみ・静けさ。よそよそしく冷たい色。
「茶色」…落ち着き。ミッフィーのお友達を表現するための色。
「グレー」…バランスに必要な色。ミッフィーのお友達を表現するための色。

色や線にもコンセプトやテーマを与えるブルーナの作品は、やはりどこかアートよりもデザイン的要素を感じますね。

開催期間がゴールデンウィーク後の5月8日(月)までなので、のんびりして行きそびれないようにしないと!とスケジュール帳に書き込みました。
みなさんもゴールデンウィークのお出かけに、いかがでしょうか。

画像はこちらよりお借りいたしました。
「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展 – 展覧会&ギャラリー | 松屋銀座」

2017年4月18日 | スタッフ: 

A Movie Poster A Day

こんにちは。
デザイナーの鈴木です。
今日は面白いサイトを見つけたので、ご紹介します。
A Movie Poster A Day

シドニーのグラフィックデザイナーのPete Majarichさんが
映画のポスターを365日1日1枚自分なりにリデザインしたものをアップしていったプロジェクトのサイトです。

サイトに飛ぶと365枚が並べられていて、そのビジュアルだけでも面白いですが、
1枚1枚よく見るまたさらに興味深い。
さらに実際のポスターと比較して見てみるととても面白いです。
実際に宣伝に使われるポスターとはずいぶん違いますが、
どれも「わかる、わかる」という感じで楽しめました。

トップの画像は「Inception」をデザインしたポスターです。
ちなみに実際の「Inception」のポスターはこんな感じです。

365日分あるので、どなたも気になる作品が1つはあると思います。
お時間があれば見てみてください。

2017年4月17日 | スタッフ: 

AUDREY!

こんにちは、web担当の井上です。

わたくしはいまとても、、、とてもキュンキュンしています。
ブログへのインスピレーションをもらおう〜と
しばしwebをうろうろとしていたところ、
とってもときめく出会いをしてしまいました。

そのお相手は・・・
苺を使ったお菓子の専門店「AUDREY」(オードリー)さんです。

こちらはイベントシーズンには行列の耐えない人気店とのことなので、
ご存知の方も多かったでしょうか??
わたしは近々のうちに、
さっそくショップへ伺ってみる予定です!

苺とチョコレートのスイーツ専門店で、
スイーツがおいしいことはもちろん、豊富な商品ラインアップや、可愛らしいパッケージが華やかで人気のようです。

スイーツにもパッケージにも世界があり、とてもとても可愛いです。
スイーツも楽しみなのですが、
心をぐぐぐっと惹かれたのは、パッケージデザインです。

デザイナーの渡辺良重さんが、AUDREYさんのパッケージデザインで「第19回亀倉雄策賞」を受賞されたそうです。
現在個展が開催中とのことなので、こちらにも是非足を運んでみたいと思っています。

渡邉良重展 「絵をつくること」
会期:2017.4.4 火 – 5.20 土
クリエイションギャラリーG8にて

渡辺良重さんの受賞の言葉が沁みました。
飴玉やチョコレートの包み紙、デパートの包装紙や箱は、子供の頃に触れた大切なデザインで、それを宝物にしました。わたしがデザインしたAUDREYのパッケージも誰かのそんな存在になれれば嬉しい、でもそれが可愛いだけのそれではなく、デザインとしても成り立っている表現にしたいといつも思っています。

素敵です。
憧れの大人がまたひとり、増えました。

一部を引用させていただきました。
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_201704/g8_exh_201704.html
http://by-s.me/article/368374913702413706

2017年4月14日 | スタッフ: 

< 古い記事 | 新しい記事 >

pagetop