スタッフ

アーカイブ

スタッフブログ STAFFBLOG

第4回:広告として成功するブランディング

こんにちは、デザイナー安武です。
まだまだイベント自粛ムードの中ですが、我が家の長男は無事卒園式を迎えることができまして、感謝あふれる3月をかみしめております。保育園児といえば、3/31まで園で過ごし、4/1からは小学校という、なんともハードな生活かと大人が心配するよりも、意外と大人対応です。長男曰く「知ってるよ〜」だそう、頼もしい限りです。。

リンゴは赤か青か

さて、今回のサブテーマ、「赤く見えているものを青く見せたい」。
これ、赤いリンゴを青リンゴに画像修正するとか、そういう問題ではないのです。
まぁむしろ画像修正のほうが簡単です。。

赤の中の青は目立つ

ブランディングをしましょうと考えたとき、単に以前よりかっこ良く見せるとかではなく、経営的問題を軸に考えます。たとえば「色々問題があって売れていないのを、すごく流行っているように見せて売れるようにしたい」というようなこと。
これは広告として成功するブランディングでなければ出来ません。

ひとつの事例ですが、弊社の実績である株式会社アキヤマ。
業種は解体業。いわゆる土建屋さんであり、荒々しさや乱雑さなどのイメージも多くもたれがちそんな土建屋さんのホームページは、力強さを残しながらも、繊細さ、プライド感を持たせ、解体はクリエイティブであると打ち出しました。
まるで世間が「赤い」という物を「青である」と言うかのように。
そしてそのストーリーは、顧客はもちろん、社員の意識をも変え、採用にも大きな影響をもたらすものになりました。

こちらのブランディングの成果は、ぜひお客さまの声をご覧下さい。

売り上げアップ、知名度拡大、商品展開増、リクルート…さまざまな経営的問題をどのように解決するのか。ブランディングに課せられた問題は大きく複雑です。
赤を青に見せることが、いつも正解ではないけれど、大胆に改革するとき、こんな思い切りもあるかもしれない、と思っていただきたいのです。周りが赤ばかりの中に赤をまとって入り込むのか、あえて青で目立つ存在になるのか。

ここで大切にしたいのは、見え方のコントロールを「ただ見せたい方向」に舵を切らないこと。
やはり、自分達らしさを描いた上で色付けしないと、一番大事な本来の姿・魅力は見えませんよね。

余談ですが、イギリスではリンゴは赤よりもグリーンや黄色のイメージなのだそう。日本ではリンゴは赤。色むらがある物は値が下がる。これもまた、何者かによって作られたイメージなのかもしれません。

リンゴの絵を描いてみよう

子どもが絵を描くとき、じっくり観察して描いた絵は、とても正しく、沢山の情報が描かれています。
大人の目では拾うことのない傷や色の違い、時には仕組みや、あけてみないと見えないはずの物など、驚くほど細かく描かれることもあります。

その細かなリンゴを形作っている情報こそ、個性であって、オリジナリティ。
あれでもそれでもない、『この』リンゴというところが描けていれば、思いきった色を乗せてもちゃんと伝わると思うのです。もしかしたら、きちんと丁寧に『この』リンゴを描けていれば、赤でも青でも魅力的かもしれない。

このことを言い換えれば、ブランドの本来のディティールを正しく表現できていれば、どんな色で展開しても魅力は伝わるのかもしれない、と言うことでしょうか。

そこはまだまだ深慮が必要そうです。。


ブランディングとは、デザインして完成ではないもので、デザインしたものが浸透され、意識を変え、周知が変わり、見え方が変わっていくもの。
そういう意味では、青く塗らなくても、赤いものが青く光って見える、というのもひとつの目指したい見え方です。
次回「流行と自分スタイル」。ファッション特集みたいなタイトルですが、広告とブランディングのお話しです。

2020年3月25日 | スタッフ:,  

第4回:おすすめ美術館

こんにちは!
アシスタントディレクターの小倉です。
「100日後に死ぬワニ」が残り2日となってしまい、ワニから目が離せません。。

ようやく気温も温かくなり外出もしやすい季節となってきましたが、中々自由に出回れる状況ではないですね。
美術館も臨時閉館などが多く・・・今回は展示に行けていないので、おすすめの美術館をご紹介しようと思います!

豊田市美術館

地元愛知県の美術館です。
名古屋からは少し遠いのですがわざわざ足をはこびたくなります。

木々に囲まれ、外からは見えない美術館ですが、アプローチを入ると広がる空間と静けさが素敵です。
色々な角度から見る美術館は思わず写真を撮りたくなります。
ドラマのロケ地としても使用されていたり・・・すごく絵になります。
(Webサイトで写真がたくさん見れるので、ぜひ見てみてください!)
https://www.museum.toyota.aichi.jp/

ほかに好きなポイントは以下3点!

・魅力的な企画展が多い
個人的には奈良美智展がとっても良かったです。

・常設でクリムトの絵が見られる
クリムトが好きなので…(超個人的です)

・ミュージアムショップがおもしろい!
特に雑貨が他の美術館で見られないような商品が多い気がします。
期間限定の企画なども開催されていたり、行くと必ずチェックしたくなります!

美術館の敷地内(野外)で、おしゃれなコーヒースタンドが出ていたりもします。
家の近所にあったら、コーヒー買ってぼーーっと建築見ていたいくらい好きな空間です。

豊田市美術館
愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1
https://www.museum.toyota.aichi.jp/

東京都庭園美術館

内装も外装も美しすぎて、すごく目が喜びます。
こちらの庭園では、お子さんづれのご家族で記念写真を撮られていたり、お一人で本を読まれていたり、お友達と座っておしゃべりしていたり・・・。

各々自分たちの時間をゆったり過ごされていて、地域との距離が近い美術館だなと印象的でした。

——————————
当館の特色は、なんといっても、その建物の美しさにあります。
これは、戦前にパリに遊学された朝香宮夫妻の邸宅として、当時最新の建築様式によって、1933(昭和8)年に建造されたものです。
とくに内部のデザインは、壁飾りから家具、照明器具にいたるまで、アール・デコとよばれる装飾様式で統一され、そのモダンな優美さは息をのむほどです。
玄関、大客室、大食堂、書斎などの主要部分の内装は、当時のフランスを代表する装飾美術家であるルネ・ラリックやアンリ・ラパンに依頼されました。
基本設計を担当したのは、宮内省内匠寮の建築家だった権藤要吉でした。朝香宮邸は、近代西洋に憧れる日本人の思いを実現した建築だったわけです。
“幻の建築”、あるいは、”アール・デコの美術品”と称されてきた朝香宮邸は、後世に伝えるべき名建築として、2015(平成27)年に国の重要文化財に指定されました。
都心とは思えない緑ゆたかな庭園にたたずむ当館は、日本のアール・デコの記念碑として、来館者を魅了していくことでしょう。

(東京都庭園美術館HPより抜粋)
——————————

とにかく強いこだわりが込められて作られた建物ということがビシビシ伝わります。
アール・デコの装飾様式で統一された室内装飾は本っ当に美しいです!

1年に1度室内装飾展をやっているので、ぜひ機会があれば足を運んでみてください。
この展示の時には撮影もOKとなっているので、ぜひカメラを持っていくことをおすすめします!(普段は撮影不可)

ちょうど室内装飾の際に行ったので、自分もたくさん写真を撮ってしまいました。

東京都庭園美術館
東京都港区白金台5-21-9
https://www.teien-art-museum.ne.jp/

2020年3月19日 | スタッフ:,  

お花係

こんにちは、デザイナー兼お花係の大津です。

今回は近所のお花屋さん「花音 ka-non」さんに立ち寄りました。
¥500のワンコインブーケがあり、オフィスにちょっと飾るにはとても丁度よく、
今回はこちらを購入!

「スカビオサ」と、丁度時期になる「アネモネ」が入っています〜。
どちらも色鮮やかで、うっとりしちゃいますね。

ka-nonさんでは「花さんぽ」というサービスもしているそうですよ。

定額花サービス 「花さんぽ」
「花さんぽ」はご来店ごとに専用の花器にお花を活けてご提供する定額花サービスです。ご契約期間中(二ヶ月間内)、何度でもご利用いただけます。 花瓶と一緒にお出かけしてkanonを訪ねてください。いつでも素敵なお花をお渡しします。

詳細はWEBサイトにて!

春から初夏にかけて色々なお花が咲くので、楽しみですね!
以上、3月後半のお花係でした。

2020年3月18日 | スタッフ:,  

< 古い記事 |

pagetop