経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

【WEBサイトリニューアルのすすめ】端的に自社のことを伝える

2021/04/30

弊社WEBサイトは2020年7月末にリニューアルを果たしました!
問い合わせ数が増えたり検索順位が改善したりと、嬉しい成果を感じています。
デザインエイエムサイト

今回のWEBリニューアルの目的は大きく2つ。
「問い合わせ数アップ」と
「ブランディングデザイン会社であることを伝える」。
構想も含め1年以上の長期プロジェクトでしたが、なんとか公開できました。自社のことを整理しなおすのは、本当に大変ですね。

その中で私たちが工夫したポイントを、「端的に自社のことを伝える」というテーマで2つ、お伝えします。

その他、「お客さまとのコミュニケーションを意識」「過程を見せる」というテーマでもWEBサイトリニューアルポイントをご紹介しています。

「端的に自社のことを伝える」ポイント1

ポイント1つ目は「4つの特長」をTOPページに掲載したことです。

従来のTOPページには制作実績を幾つも掲載していたのですが、
「デザインエイエムはどんな会社なのか?」「何を強みとしているのか?」端的に伝えるコンテンツを用意していませんでした。
しかし、WEBサイトを訪れてくださるのは、デザインエイエムを全く知らないお客さま。
きちんと言葉にして、お伝えすることに決めました。
最も大変だったのはやはり「4つだけにまとめる」ということです。

皆さんは、自分の会社の「特長」を4つ程に整理できるでしょうか?
その特長は、御社らしさを端的に表しているでしょうか?他社との差別化は出来ているでしょうか?
これらは、WEBサイトのリニューアルの機会がなくても、定期的に見直してみていただくとよいかと思います。

弊社の場合は、過去にいただいたお客さまからの声や、
ご納品後インタビューの結果を読み解き、またリニューアルの目的とも照らし合わせてまとめました。
こういうとき、社外からの声、顧客からの客観的な意見は大変参考になるものです。
なかなかまとめられないな、という方は、是非社外の意見を聞くところから取り組んでみてください。

「端的に自社のことを伝える」ポイント2

ポイント2つ目は「サービスページを用意したこと」。
「デザインエイエムでは、どんなサービスを、どんな流れで提供しているのか」説明するページです。

リニューアル前の弊社WEBサイトは、いわゆる「ポートフォリオ型サイト」。
制作実績を見ていただくことに、重きを置いた作りでした。

そのため、WEBサイトを見て興味を持ってくださったお客さまが
「では実際、どのような流れで依頼するのだろう?」と疑問に思ったときには、お問い合わせをいただく必要があったのです。

しかし、それではステップが非常に粗刻みです。
オンラインでもオフラインでも、必要なタイミングで必要な情報を、
ストレスなく入手できることが一番良いですよね。
サービスページの内容は、
「まだ問い合わせする程ではないんだよな」というお客さまにも興味を持ち、参考にしていただけるようまとめました。

こういった「もっと◯◯だったら良いのに」という考えは、
自分が利用者の時には多々感じるものですが、自社のことになると気付きにくいもの。
ここでも社外の方の声を参考にされると良いです。
また、別業種のWEBサイトで使いやすいものがあれば、その理由を深堀りすることで、参考に出来る点が見つかることもあります。

アクセス解析の結果を元にした改善も必要ですね。
リニューアル前のWEBサイトでのアクセス解析情報を参考にするのはもちろん、リニューアル後も結果を追い続け、改善をしていくことが重要です。
弊社も、実際にお客さまからいただいた声を参考に、何度も議論を重ね、そして現在も改善を繰り返しています。

他にも、WEBサイトリニューアルポイントを別記事でご紹介しています。
お客さまとのコミュニケーションを意識
過程を見せる

【Texted by】
ARISA KUSABA( director )

RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。