経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

企業におけるロゴの役割について教えてください。

2022/06/01

世界はロゴで溢れ、今やロゴのついていないものを見つけるほうが難しいくらいです。
あなたが今、身につけているスマホや時計、手帳やボールペンにもロゴは必ず入っています。


その会社らしいロゴ、商品にふさわしいロゴはあって当然の存在です。
ではロゴには、どんな役割があるのでしょうか。

20年、30年と長く使うことになる企業のロゴ。 ロゴは企業の顔(第一印象)であり、まさにシンボル(象徴)です。

当社では、主に6つの役割があると考えています。

1. 企業の顔(第一印象)である
2. ビジョンの見える化
3. 他社との違いを明確にするもの
4. 専門分野や事業内容を認知させるもの
5. 世の中にフラッグ(旗印)を立てるもの
6. 社内の意思統一

1~6の詳しい解説はこちらをご覧ください。
なぜロゴが重要なのか →

どれも非常に重要な役割ですね。

私たちは、ロゴデザインは経営課題の解決に繋がる程、重要なものと捉えています。
長期的な視点で、企業の価値を探り、効果的に伝わりやすくカタチにできれば、「会社を強くする」という役割を担うことができるのです。

詳しくはこちらもご覧ください。
会社を強くするロゴ、つくりませんか →

RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。