経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

サウナ東京さまのロゴができるまで

2023/04/26

2023年4月24日、東京・赤坂にオープンした関東最大級規模のサウナ施設、「サウナ東京」。
趣が異なる5つのサウナ、温度が異なる3つの水風呂、5度以下のクールサウナ、そして60席の休憩椅子を兼ね備えた、サウナー(サウナ愛好家)にはたまらない夢のようなサウナ施設です。
弊社では、サウナ東京さまの店舗ロゴを制作させていただきました。

サウナ東京は、サウナーである赤沼さまによって立ち上げられました。
幼少期からご自宅にサウナがあったり、ほぼ毎日サウナに通われるなど…サウナを愛されている方々が作るサウナーの為のサウナに、弊社スタッフもワクワクしながらロゴ制作に携わらせていただきました。

赤沼さまは「サウナアニメととのん」というYou Tubeアニメも制作されています。
めちゃくちゃととのった人にだけ見えるサウナの妖精「ととのん」と「きーさん」、「赤沼さん」がマスコットキャラクターとして登場する、クスッと笑え、ずっと見ていたくなるようなアニメです。
サウナ東京さまをより理解するために拝見させていただいたのですが、「ととのん」の可愛さに私もすっかりファンになってしまいました!

参考:サウナアニメととのん 公式サイト

ヒアリングをさせていただいたのは2023年1月中旬。
まだ施設は施工中で、どんな施設になるのか赤沼さまの頭の中のイメージから想像する必要がありました。
そのため、サウナ東京を作ろうとしたきっかけ、どんな施設にしたいか、将来のビジョン、サウナ東京に掛ける想い、サウナ東京の大義名分など、ヒアリングを入念に行わせていただきました。(その他にも、ちょっとしたサウナトークも笑)

「サウナ東京」は、関東最大規模のサウナ施設ですが、価格設定は他のサウナ施設と比較してとてもリーズナブルです。
それは、サウナを体験するきっかけになったり、サウナをブームで終わらせるのではなく、文化にしていくという想いから来ているものでした。

また、「サウナ東京」を、東京を代表するサウナ施設にするという熱い想いもあり、施設へのこだわりも圧巻でした。
施設は、和流をテーマに今話題のデザイナーズ銭湯を数々設計されている今井健太郎さまにより設計されています。赤坂の街を盛り上げたいという想いもあり、赤坂に事務所を構える今井さまにご依頼されたとのことです。
和流を感じる関東最大級規模のサウナ施設に期待が膨らみました。

我々は、そんな熱い想いや姿勢に感銘を受け、「サウナ東京」の素晴らしさを伝える一助になるべく、ロゴ制作を開始しました。

今回のロゴ制作は、4名のデザイナーで制作を進めていきました。
事前にご記入いただいたヒアリングシートの内容を元に、まずは各自100点以上のアイデアスケッチを描きます。
その後、何度も取捨選択やブラッシュアップを重ねていきます。

東京を代表するサウナとはどういうサウナなのか、「和流」とは、今井健太郎さんが今まで設計された施設の調査、実際にサウナに行くなど、ロゴ制作にあたり社内で深堀りをしながら進めていきました。
その中でご提案したデザインのベースとなったスケッチの一部がこちら。

ヒアリングの際にお伺いした、東京を代表するサウナ施設を目指されていること、和流サウナ、サウナをブームではなく文化にしたいという想いなどを加味し、和流モダンな雰囲気やひと目でサウナ施設ということが分かるような形に仕上げていきました。

ご提案したデザインがこちら。

「温泉施設ではなく、サウナ施設と分かるのが良い」「そう来たか!」など、各案に対しての良い点や逆に懸念点などざっくばらんにお話いただきました。
最終的に、決定したデザインがこちら。

サウナ東京さまの頭文字「サ」「東」の作字をモチーフとしたシンボルマーク。
パッと見では漢字一文字にも思えますが、じっとみると「サ」「東」の2文字が見えてくる。「あー、そういうことね!」と思っていただけるデザインに仕上げました。見える人には見える。まさに「ととのん」のような遊び心を忍ばせています。
品格と強さを兼ね備えた雰囲気のラインにし、カラーは、ととのった後の冷静沈着を表す漆黒に設定しています。

また、こちらのB案のマークも気に入っていただき、グッズなどに使用したいとのご希望をいただきました。

マークの上部分はサウナ、真ん中は水風呂、下部分は外気浴を表しています。
それぞれの場所を象徴する3種類の3本のラインは、1セットを3回繰り返す日本独自のサウナ文化を表しており、これからサウナ東京さまが中心となり「サウナを文化にしていく」という志を込めました。
丸みを帯びた四角形のフォルムは、ととのう状態に導かれたことを象徴します。

今年4月に赤坂にオープンした関東最大級規模のサウナ施設サウナ東京さま。
東京を代表するサウナ施設になるよう、デザインエイエムも応援しています!

【Texted by】
KEITA YAMADA( designer )

【サウナ東京 (Sauna Tokyo)】
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目13-4
アクセス:赤坂駅徒歩1分 赤坂見附駅徒歩5分 溜池山王駅徒歩7分。 赤坂みすじ通り沿い
サウナ東京 公式WEBサイト

本メディアは、デザインが経営課題を解決する手段であることを経営者の方へ広く知っていただきたいという思いのもと、情報発信を行っています。
更新情報や成果事例を受け取りたい方は、ぜひ以下よりメルマガにご登録ください!

    *は必須項目です。

    会社名*
    氏名*
    メールアドレス*

    ※当社プライバシーポリシーにご同意の上、送信願います。
    ※ご入力された内容を再度ご確認の上、送信ボタンを押してください。


    お問い合わせは、お電話でもお受けしております。
    (TEL 03-5465-1008)

    RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

    おすすめの関連記事

    デザインエイエム訪問学習「代表 溝田明が現役高校生に伝える、“働きがい”の見つけ方」レポート 2022/12/23 TREND REPORT「コロナ禍でますます求められる社員の人柄・社風を伝える採用WEBサイト」 2021/06/04 【WEBサイトリニューアルのすすめ】お客さまとのコミュニケーションを意識 2021/05/07 WEBサイトを自社で更新したいのですがなにかよい手段はありませんか? 2021/06/02 せっかくの自社サイト、損をしていませんか?改善のカギとは… 2023/06/22

    記事一覧

    経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

    多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。