経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

「セキュリティ保護なし」と出ているWEBサイトにアクセスしても大丈夫ですか?

2021/12/14

URLを入力するアドレスバーに「セキュリティ保護なし」と表示されているWEBサイトをご覧になられた方からのご質問です。

「セキュリティ保護なし」という表示、とても不安に感じますよね。


今回は、そのような表示のあるWEBサイトについてご説明します。
あまり気にしていなかった!という方にこそ、ぜひ知っておいていただきたい内容となっておりますので、よろしければご覧ください。

クレジットカード情報や個人情報を入力しないなど、閲覧するにあたって注意が必要です。

「セキュリティ保護なし」と表示されているのは、SSL/TLS*対応していないWEBサイトということを表しています。

*SSL(Secure Sockets Layer)/TLS( Transport Layer Security )とは

いずれもインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバ~PC間での通信を安全に行なうことができます。

(引用:SSL/TLS-総合解説サイト

つまり、SSL/TLSに対応していないWEBサイトでは、通信中に情報の盗用や改ざんなどの恐れがあるということです。そのため、クレジットカード情報や個人情報を入力しないなど、注意して閲覧をする必要があるのです。

以前は、WEBサイトの中でも個人情報を入力する問い合わせフォームやショッピングサイトの会員登録ページなど一部のページをSSL/TLS化するのが一般的でした。
しかし、昨今はWEBサイト全体に対してSSL/TLS化対応をしていないと、WEBブラウザ上で警告が表示されるようになり、対応が必要となっています。


実際のブラウザの警告表示例

ブラウザにより表現は少々異なりますが、以下のように表示されます。(2021年12月時点)

▲Microsoft Edgeの警告表示例 ▲Google Chromeの警告表示例 ▲Firefoxの警告表示例

Firefoxでは、鍵マークをクリックすると「安全ではない接続」と表示されます。

WEBサイトを運営されている方は、自分のWEBサイトが「セキュリティ保護なし」と表示されていないかチェックしましょう。

閲覧者が不安を感じる要素はマイナスのイメージにつながりかねません。
SSL化することで得られる効果は、他にも以下があげられます。

<常時SSL化のメリット>

・WEBサイトのセキュリティ向上
通信内容の盗用や改ざん、なりすましなどが防ぐことができます。

・WEBサイト表示の高速化
次世代プロトコルの利用により、通信が効率化されることにより表示速度も速くなります。

・SEOへの影響
検索エンジン最大手のGoogleが検索順位を決める要素の1つとして決定したことを公表しています。

・アクセス解析の精度向上

(参考:JPDirect

導入・維持に費用はかかりますが、導入のメリットは大きいといえます。
レンタルサーバによっては、無料オプションとして独自SSLを提供しているものもあり、その場合は費用の軽減も可能です。
導入いただくことをおすすめいたします。

【Texted by】
ATSUKO MURAKAMI( producer )

RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。