経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

【WEBサイトリニューアルのすすめ】お客さまとのコミュニケーションを意識

2021/05/07

弊社WEBサイトは2020年7月末にリニューアルを果たしました!
問い合わせ数が増えたり検索順位が改善したりと、嬉しい成果を感じています。
デザインエイエムサイト

私たちが工夫したポイントを、「お客さまとのコミュニケーション」というテーマで2つ、お伝えします。

その他、「端的に自社のことを伝える」「過程を見せる」というテーマでもWEBサイトリニューアルポイントをご紹介しています。

「お客さまとのコミュニケーション」ポイント1

ポイント1つ目は、「ファーストビューの改善」。

ファーストビューとは、ユーザーがWEBページにアクセスした時に最初に表示される部分、スクロールせずに画面に表示される部分のことです。

株式会社LIGのブログによると
ファーストビューを見てページを離脱してしまうユーザーは
コーポレートサイトだと40%~60%、LP(集客に特化した縦長の1枚のページ)だと70%~90%と言われています。

参考 http://liginc.co.jp/web/design/172528

ここからも分かるように、ファーストビューはWEBサイトを見てもらえるかどうかに大きな影響を与えるのです。

しかし、何もかもをファーストビューに詰め込むことはできません。
そのとき指標にできるのが
「トップ営業がお客様に自社のことを説明するとき、何から話し始めるか」という視点です。

弊社に営業職はいませんが、新しいお客様に対応するときのことを考え、
「本質を伝えるためのデザインをしていること」「志をカタチにしていること」をまずは伝えるため、コピーやビジュアルを選定しました。

ユーザーがGoogle等で検索する行為は
「わからないことを質問する行為」だとも言えます。
その質問に答えるとき、対人間であれば、自分が言いたいことを詰め込んで話したりしませんよね。

同じように、WEBサイトを通してのコミュニケーションも
相手が何を知りたいのかを想像し、詰め込みすぎず、
相手にもバトンを渡しながら話を進めていくようなイメージが必要です。

「お客さまとのコミュニケーション」ポイント2

ポイント2つ目は、「制作実績ページでのコミュニケーション」です。
制作実績ページは、依頼先を探すお客さまに特によく閲覧されるページです。

改善したのは「検索機能」。

「うちと同じような業種、制作物の実績はありますか?」
これは、以前から頻繁にいただくご質問でした。
制作実績が十分蓄積されたことの裏返しでもあります。
情報量が多くなったことで、必要な情報が探し出せない状態になっていました。

もちろん直接ご質問いただければ回答可能なのですが、
WEBサイト上では「不十分なコミュニケーション」だったと言えます。

そこで、たくさんの情報をただ公開しておくのではなく、
お客さま自身が必要な情報を選んで閲覧できるよう改善。
当てはまるサービス・業種にチェックを入れていただくことで、簡単に検索可能としました。

かつての企業WEBサイトは
「コーポレート・アイデンティティを発信する場」として発展してきました。
いわば「一方的に」情報を発信するスタイルが主流だったのです。
しかしSNSをはじめ、ユーザー同士のコミュニケーションが活発化している昨今、企業WEBサイトも軌道修正を迫られています。
いかに「ユーザーの課題に答える、真摯なサイトか」が非常に重要な要素となっているのです。

弊社のWEBサイトもまだ発展途上ですが「お客さまとのコミュニケーション」の視点をもって見直すことは、とても大切だと感じています。

他にも、WEBサイトリニューアルポイントを別記事でご紹介しています。
端的に自社のことを伝える過程を見せる

【Texted by】
ARISA KUSABA( director )

RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。