経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

ブランディングとはどのような時に有効でしょうか?

2022/02/02

まずブランディングの定義をおさらいしておきましょう。

「ブランディング」とは、ブランドをつくっていくプロセスであり、ブランド価値を高める活動のことを言います。
ブランドに対する共感や信頼などを通じて、顧客の頭の中にある印象を意図した方向へ導き、顧客にとっての付加価値を高めていくよう一つ一つ丁寧にマネジメントしていくことです。
ブランディングについてもっと詳しく知りたい方はこちら →

良い人材を獲得したい、認知を広げたい、売上を伸ばしたい…など、企業の抱えるさまざまな課題に有効です。

当社で実際にブランディング担当したお客さまの事例を元にご説明します。

三重県鈴鹿市にある産業クリーニング会社「マルヨシ」さま。
人材の確保に関するお悩みをお持ちで、お問い合わせをいただきました。

BEFORE
AFTER

もともとマルヨシクリーニングという会社名から、街のクリーニング屋さんだと勘違いされることが多くあったそうです。
そこで、ロゴリニューアルにあたり”クリーニング”を取り、社名を「マルヨシ」へ変更し、ロゴを刷新。その後さまざまなツール展開を整え、会社の印象が正しく伝わるように整えていきました。
詳しい実績はこちら →
お客さまインタビューはこちら →

ブランディング後には、以下のような変化があったというお声をいただきました。

  • 求人募集をしたところ、以前の5倍の募集が集まった
  • 以前にも増して取引先が仕事の内容を見てくれるようになり、設備を良くしてくれた

もともと課題を感じていた人材の悩み以外にも良い結果がもたらされました。
他社との差別化(=ブランディング)により他に埋もれず目に留まるようになり、きちんと理解・知ってもらえる機会ができたからではないでしょうか。

その結果、信頼や安心感が高まり、
「この会社の製品なら安心して購入できる」
「この会社の製品(サービス)を利用したい」
「この会社で働いてみたい」
「取引したい」
「投資したい」
などと思っていただける一助となるのです。

企業が抱える課題や悩みは、デザインを利用することで解決につながると考えています。
近頃では「デザイン経営」というキーワードがあるように経営にデザインを取り入れる動きも活発になっています。
あなたの感じている課題はいかがでしょうか?
ぜひ以下の記事もご覧ください。
中小企業のデザイン経営、はじめの一歩「入り口の考え方」 →

本メディアは、デザインが経営課題を解決する手段であることを経営者の方へ広く知っていただきたいという思いのもと、情報発信を行っています。
更新情報や成果事例を受け取りたい方は、ぜひ以下よりメルマガにご登録ください!

    *は必須項目です。

    会社名*
    氏名*
    メールアドレス*

    ※当社プライバシーポリシーにご同意の上、送信願います。
    ※ご入力された内容を再度ご確認の上、送信ボタンを押してください。


    お問い合わせは、お電話でもお受けしております。
    (TEL 03-5465-1008)

    RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

    おすすめの関連記事

    MAツールとはどのようなものでしょうか? 2022/07/06 あなたの企業は大丈夫?ビジネスチャンスを逃す可能性のあるロゴとは【ロゴの役割5】 2023/06/08 【終了】「会社経営を強くするためのブランディング」セミナー開催!! 2022/07/21 中小企業のデザイン経営、はじめの一歩「そもそもデザイン経営とは?」 2021/10/25 中小企業 仕事のヒント「第12回 ブランドは模倣が困難な経営資産」 2021/06/11

    記事一覧

    経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

    多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。