経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

中小企業のデザイン経営、はじめの一歩「入り口の考え方」

2021/11/23

「中小企業のデザイン経営、はじめの一歩」シリーズとして、
前回は「そもそもデザイン経営とは?」というテーマでお送りしました。

今回以降は、特許庁から公開された「中小企業のためのデザイン経営ハンドブック」(2021年6月30日)に基づき、デザイン経営の入り口についてまとめていきます。

中小企業「デザイン経営」の入り口

「デザイン経営の大切さは分かったけど…
具体的に何から始めればよいのか?」

当社にもよくいただくご質問です。

「中小企業のためのデザイン経営ハンドブック」の中では、
デザイン経営を「人格形成・文化醸成・価値創造」の3つのフレームで整理し、さらに9つの要素に分解しています。

これは特許庁が、既にデザイン経営に取り組み、
一定の成果をあげている中小企業に対して行った調査を元に、中小企業のデザイン経営の要素を整理したものだそうです。

特徴は、「意思と情熱をもつ」「歴史や強みを棚卸しする」「未来を妄想する」といった「人格形成」にまつわる要素を追加した点にある。
中小企業では単一事業を手がけるケースも多く、大企業に比べ事業領域の幅が狭い。
一つの商品やサービスが経営に与える影響が大きく、逆に言えば、企業イメージが商品やサービスの売り上げを左右しやすい。
企業がどういう歴史を持ち、いま何に注力し、これから先どんな未来を目指すのか。
その企業の「人格」を明確にするところに、デザイナーが貢献しているケースが多く見られた。

<引用>中小企業のためのデザイン経営ハンドブック

会社の人格を明確にするということについて
新鮮に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし上記にもあるように、
その個性こそが社会における価値につながるのです。

自社のことになると意外と見えづらく、客観的な答えを導きづらいもの。
デザイナーのアプローチを活用してデザイン経営を進める意味は、
客観的な視点を取り込めるところにもあります。

自社の持つ課題に応じた入り口を

人格形成の重要性はここまでお伝えしたとおりですが、
企業の持つ課題は十人十色。
「人格形成」「企業文化の醸成」「価値の創造」のフレームで整理される
9つの要素を組み合わせ、自社なりの入り口をつくっていくことが必要なのです。

企業が有する課題への取り組みは無数に存在する。
どのような取り組みが有効か、またその取り組みの順番も各社各様である。
本レポートでは、先行企業の取り組み方を9つの要素の観点でまとめた「デザイン経営の実践例」を掲載している。

デザイン経営への取り組み方に正しいステップはない。自社の課題を掘り下げ、そこに必要な要素は何かを洗い出す。
その上で、先行企業のケースをもとに、その要素を実践している企業の取り組み方をアレンジし、オリジナルの「デザイン経営レシピ」をつくってみよう。

<引用>中小企業のためのデザイン経営ハンドブック

当社でデザインのお手伝いをさせていただく際も、
まずは「ヒアリング」に注力します。

お客さまが抱えている今の課題は何なのか?
それを把握した上で、取り組み方(入り口)を検討するためです。
併せて、お客様らしさも探っています。その内容が、会社の人格形成の鍵となるためです。

今回は、デザイン経営の入り口について
9つの要素に整理されていることをご紹介しました。
次回は「会社の人格形成」から、以下3つの要素をご紹介していきます。

・意志と情熱を持つ(MISSION)
・歴史や強みを棚卸しする(IDENTITY)
・未来を妄想する(VISION)

<引用元>
中小企業のためのデザイン経営ハンドブック

【Texted by】
ARISA KUSABA( director )

RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。