経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

【WEBサイトリニューアルのすすめ】過程を見せる

2021/05/14

弊社WEBサイトは2020年7月末にリニューアルを果たしました!
問い合わせ数が増えたり検索順位が改善したりと、嬉しい成果を感じています。
デザインエイエムサイト

私たちが工夫したポイントを、「過程を見せる」というテーマでお伝えします。

その他、「端的に自社のことを伝える」、「お客さまとのコミュニケーションを意識」というテーマでもWEBサイトリニューアルポイントをご紹介しています。

なぜ「過程を見せる」必要があるのか?

今回新たに公開したコンテンツに「ケーススタディページ」があります。
制作実績とは違うの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
制作実績が「結果」を紹介するものとすると、ケーススタディは「過程」を紹介するためにご用意しました。

では何故、過程を紹介する必要があるのでしょうか?
それは「ブランディングデザインを依頼すること」は「出来上がった何かを購入すること」とは大きく異なるからです。

その会社・商品の特長や個性、ストーリーを表現してこそブランディングデザイン。唯一無二のものになります。
弊社はいつも、お客さま自身に向き合う中で、様々なご提案をしながら制作しています。
結果としての「制作物」の質が高いことはもちろん重要ですが、
「どのように向き合うのか、提案するのか」も大切なポイントだと考えました。

是非こちらから、ケーススタディの記事も読んでみてください。
以下の画像は当時使用されていたロゴと、弊社からリニューアルをご提案し、採用いただいたロゴです。ケーススタディでは、ここに至る過程を示しています。

BEFORE
AFTER

なお、「結果に至るまでを見せる」効果は、デザイン業界に限ったことではありません。
機能や性能だけで差別化を図るのは、大変難しい時代と言われています。
仕事の過程や姿勢、想いを見た上で、信頼できる依頼先を決められるお客さまは、様々な業界で増えています。

そんな想いをもってご用意した、ケーススタディページ。
今後徐々に、新しい記事も公開される予定です。どうぞお楽しみに!

他にも、WEBサイトリニューアルポイントを別記事でご紹介しています。
端的に自社のことを伝える
お客さまとのコミュニケーションを意識

【Texted by】
ARISA KUSABA( director )

RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。