経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

中小企業 仕事のヒント「第12回 ブランドは模倣が困難な経営資産」

2021/06/11

今回は「ブランドは模倣が困難な経営資産」だということについて、
一緒に紐解いていきましょう~。

たとえば、ドラックストアをイメージしてみましょう。
シャンプーや洗剤などの日用品は、新製品であっても少し経つとコモディティ化(*)してしまい、最終的には価格競争せざるを得なくなってしまいます。

* 市場参入時に、高付加価値を持っていた商品の市場価値が低下し、一般的な商品になること

それを防ぐにはどうしたらよいか。
顧客が商品やサービス、企業に出会うとき、どんな順番でその情報を認識していくか、見てみましょう。

まず、顧客は第一階層の「価格、デザイン(形状、色、柄など)」で興味を持ちます。
ここで目に留まらなければ、その他の情報は伝えることもできません。

しかし、ここだけで勝負すると他社にすぐに模倣されてしまい、
短いサイクルで消耗してしまいます。
第二階層の「素材、技術」もすぐにではないですが、
模倣されるのは時間の問題と言えるでしょう。

では、模倣されない強い商品やサービス、企業を構築するためには、
どうすればよいのでしょうか。

それは、第三階層の「ブランド」をていねいに構築していくことです。

資金力にものを言わせれば模倣可能な第一、第二階層とは異なり、
「ブランド」は過去からの蓄積が価値の源泉です。
顧客の頭の中にあるイメージですので、
他社が模倣するのは非常に困難です。

すなわち、「志」「マーケティング」「コミュニケーション」を統一し、
ブレのない世界観を展開していくことが重要です。

第8回で説明した下図のように、
世界観とストーリーをもってブランドを構築していくことで「模倣できない」資産となるのです。

大切な貴社・サービスを守るために、ぜひ模倣されないよう作戦を練ってくださいね。
応援しています。

【Texted by】

ATSUKO MURAKAMI( director )

日本大学通信教育学部 商学部卒業。
現在の研究テーマは「中小企業論」「ブランディング戦略論」、「組織論」中央大学ビジネススクール(CBS)履修中。

本メディアは、デザインが経営課題を解決する手段であることを経営者の方へ広く知っていただきたいという思いのもと、情報発信を行っています。
更新情報や成果事例を受け取りたい方は、ぜひ以下よりメルマガにご登録ください!

    *は必須項目です。

    会社名*
    氏名*
    メールアドレス*

    ※当社プライバシーポリシーにご同意の上、送信願います。
    ※ご入力された内容を再度ご確認の上、送信ボタンを押してください。


    お問い合わせは、お電話でもお受けしております。
    (TEL 03-5465-1008)

    RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

    おすすめの関連記事

    中小企業のデザイン経営、はじめの一歩「そもそもデザイン経営とは?」 2021/10/25 「ブランディング」を進めていく時に、社内で反対されたら? 2022/11/24 中小企業 仕事のヒント「第6回 1番の顧客像を考えてみる」 2021/04/30 中小企業 仕事のヒント「第11回 ネーミングについて考えてみる」 2021/06/04 【終了】3/18(金)16時〜「選ばれる会社になるためのブランディングとPR」 2022/03/08

    記事一覧

    経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

    多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。