経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

中小企業 仕事のヒント「第12回 ブランドは模倣が困難な経営資産」

2021/06/11

今回は「ブランドは模倣が困難な経営資産」だということについて、
一緒に紐解いていきましょう~。

たとえば、ドラックストアをイメージしてみましょう。
シャンプーや洗剤などの日用品は、新製品であっても少し経つとコモディティ化(*)してしまい、最終的には価格競争せざるを得なくなってしまいます。

* 市場参入時に、高付加価値を持っていた商品の市場価値が低下し、一般的な商品になること

それを防ぐにはどうしたらよいか。
顧客が商品やサービス、企業に出会うとき、どんな順番でその情報を認識していくか、見てみましょう。

まず、顧客は第一階層の「価格、デザイン(形状、色、柄など)」で興味を持ちます。
ここで目に留まらなければ、その他の情報は伝えることもできません。

しかし、ここだけで勝負すると他社にすぐに模倣されてしまい、
短いサイクルで消耗してしまいます。
第二階層の「素材、技術」もすぐにではないですが、
模倣されるのは時間の問題と言えるでしょう。

では、模倣されない強い商品やサービス、企業を構築するためには、
どうすればよいのでしょうか。

それは、第三階層の「ブランド」をていねいに構築していくことです。

資金力にものを言わせれば模倣可能な第一、第二階層とは異なり、
「ブランド」は過去からの蓄積が価値の源泉です。
顧客の頭の中にあるイメージですので、
他社が模倣するのは非常に困難です。

すなわち、「志」「マーケティング」「コミュニケーション」を統一し、
ブレのない世界観を展開していくことが重要です。

第8回で説明した下図のように、
世界観とストーリーをもってブランドを構築していくことで「模倣できない」資産となるのです。

大切な貴社・サービスを守るために、ぜひ模倣されないよう作戦を練ってくださいね。
応援しています。

【Texted by】

ATSUKO MURAKAMI( director )

日本大学通信教育学部 商学部卒業。
現在の研究テーマは「中小企業論」「ブランディング戦略論」、「組織論」中央大学ビジネススクール(CBS)履修中。

RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ