経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

中小企業 仕事のヒント「第7回 デザインって ブランドってなんだろう」

2021/05/07

今回は、デザイン会社らしく「デザイン」と「ブランディング」について
触れてみたいと思います。

「デザイン」について

「デザイン」という言葉を聞くと、多くの方が「意匠」すなわち「装飾」で表面を飾ること、外見をかっこよくすることを、イメージされるのではないでしょうか。
しかし「装飾」は一部にすぎず、デザイン本来は「目的を定め、達成するために考えや方法を組み合わせること」をいいます。

最近は、「キャリアプランをデザインする」とか「ライフプランをデザインする」など「デザイン」という言葉はさまざまなシーンで使われるようになりました。

弊社がお手伝いしているデザインは、上記の図だと広義にあたります。(狭義も含む)
経営上の課題を「デザイン」を通して解決に導くお手伝いをしているのです。

「ブランド」と「ブランディング」について

ルイ・ヴィトンやエルメスといった「高級ファッション」や「一流メーカー」だけが「ブランド」であるという誤解はさすがに少なくなってきましたが、
まだまだ「中小企業には関係ないよ」と考える方も多いのではないでしょうか。

そもそも「ブランド」の語源は
ラテン語の「Burned(焼印をつける)」から来ています。
自分と他人の家畜を識別するためのものでした。

また昔から、欧米ではエンブレム(紋章)、日本でも江戸時代に一気に広まった家紋のように、他者と識別するための記号や形づくりは存在していました。
それらが近代、米国では1950年代頃からCI(コーポレート・アイデンティティ)という形で、日本では1970年代から、企業主観のマーケティング概念として導入されるようになりました。

「ブランド」とは、wikipediaによれば「他の同一カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念」とあります。
もう少し具体的に言うと、企業がそのブランドによって約束する「提供する価値」とも言えます。


例えば、あなたの目の前にスマホが2台並んでいるとします。
機能性や形、価格はほとんど同じです。
左の方はリンゴのマークが入っていて、一目でiPhoneだとわかります。
右の方はメーカーがどこだかわからない「Non-branded」です。

この場合、あなたならどちらを選びやすいですか?安心して高いお金を払うことができますか?
ほとんどの人がiPhoneを選ぶと思いますが、それがまさにブランドの価値ということです。
ブランドは言わば「ビジネスの資産」ということになります。

次に「ブランディング」とは、「ブランド」をつくっていくプロセスであり、ブランド価値を高める活動のことです。

次回はこのブランディングについてより分かりやすく説明します。
お楽しみに・・・・。

【Texted by】

ATSUKO MURAKAMI( director )

日本大学通信教育学部 商学部卒業。
現在の研究テーマは「中小企業論」「ブランディング戦略論」、「組織論」中央大学ビジネススクール(CBS)履修中。

RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。