経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

クレドカードとはどのようなものですか?

2022/04/25

「クレド」という言葉をご存知ですか?

クレドとはラテン語で「信条」を意味します。
経営判断や、社員が現場で行う判断の指針となるものです。

「行動指針」を示すカードです。

クレドカードとは会社としての「行動指針」をカードに記載したものを指し、社員がそれを携帯することで、日々意識できるようにする狙いがあります。

クレドの浸透に成功したグローバル企業」といえば、リッツ・カールトンが有名ですね。
「ゴールド・スタンダード」という名のクレドが存在し、全従業員が徹底していることで知られています。
日常的にゴールド・スタンダードの内容を確認する機会があること、ゴールド・スタンダードに沿った行動は評価される仕組みが整えられていること、などが成功の要因とも言われています。
リッツ・カールトンのクレドはこちらから →

近年益々、自社の「クレドカード」を作成しようという企業は増えてきています。
従業員ひとりひとりの行動は、企業のブランドイメージに大きく影響すると考える経営者が増えているためでしょう。またコロナ禍で企業文化の浸透が難しい状況だということもあるかと思います。

しかし、クレドカードは導入してからがスタート。定着化までが最も時間のかかる部分なのです。
経営者が常に発信をすること、会議の場などで確認をするなど、定着化に向けた地道で継続的なアプローチがとても大切です。

また定着化した社員をきちんと評価する仕組みも重要です。 クレドの内容作成時から、運用も考慮に入れておくとよいでしょう。
デザインエイエムでも、クレドカードを運用しています。

運用方法についてこちらの記事にも記載しています。
興味のある方は是非読んでみてくださいね。

RECOMMEND 経営者やご担当者におすすめ

経営を強くするためのDESIGNAM MAGAZINE

多くの経営課題は「デザイン」が解決の糸口となることがあります。しかしデザインが何かわからない、どのように活用して良いのかわからない...そんな経営者が多くいることも事実。そんな経営者の頼れる右腕となり「アカルイミライ=(AM)」へ向かうため、経営とブランディングデザインを結ぶ情報を発信しています。経営を強くするヒントとして、少しでもお役に立てれば幸いです。