スタッフ

アーカイブ

スタッフブログ STAFFBLOG

第一回:自然が作り出したデザイン

こんにちは!web担当の尾花です。

クリスマスも過ぎ、もう一年が終わります。早いものです。
私も弊社にてこの仕事を初始めて1年が経ちました。
美大もweb系の専門学校も出ていないため。デザインの分野でアカデミックなことを語るのは難しいのですが、このタイトルならばお話できるかとテーマを立ててみました。
少しリラックスした回になりますのでお茶でも飲みながら…

「自然が作り出したデザイン」と言えば何が浮かびますか?
自然工学?建築学?黄金比率?いえいえ…
そのどれでもなく、ただ自然をモチーフにしたデザインが好きなのです。
個人的に好みや思い入れがあって目に留まるようなフォルムのデザインをご紹介します。

第一回は「Appleのロゴマーク」です。

デザイナー大津がすでに取り上げられていますが、私はこのロゴの由来からお話していきたいと思います。

Appleのリンゴ、そもそも米Apple社の名前の由来をたまたま話題にしたのは、「Appleってそもそもジョブズ氏がビートルズが好きで影響を受けて名前をつけたんでしょ」とビートルズ大好きな夫から聞いたことがきっかけです。

ビートルズはApple Corps(アップル・コア)という名で創業し、アップル・レコードを出しています。いやいや、そんなことをしたら訴えられるでしょう!
…と思い調べてみたところ、やはり訴訟になっておりました。
いったんは両社共に名称とロゴの商標契約が結ばれたものの、最終的に和解したのは2007年。だいぶ最近の話ですね。

ちなみに「Macintosh」という製品の名前も開発チームの方の好きなリンゴの品種名から着想したのだとか。どれだけリンゴが好きなんだろう!

そんなAppleのリンゴのロゴマークですが、一口かじっているのも同様に様々な憶測や論争があったようです。リンゴをかじるイコール知恵という禁断の果実を食す、知恵のある実のように革新的であるとか。
それも実はシンプル、ただの丸い果物だけでなく「リンゴ」に見えるシルエットにしたかった、だけとのことです。

ロゴマークを考える時、弊社のデザイナーさん達は細部まで意味付けし、とてもこだわって作られますが、シンプルに想いが伝わるよう余計なものは何も入れません。
Appleのロゴマークや社名のシンプルさはそのようなこだわりとはまた違った、すごく単純明快で好きなものを好き!会社名にしてしまうほど好き!といった爽快なイメージを感じました。

現在お馴染みのiPhoneなど、創業当時のAppleイメージは現在GAFAと呼ばれるように単なるIT企業ではなく時代と共に変化していますが、このリンゴのロゴのシンプルさのように、愛着のある存在でいてほしいですね。

ところで、Apple製品を購入した時についてくるあのリンゴのシールはどうしてますか?私はどこにも使えず、机の引き出しにそっと閉まったままです。

2019年12月27日 | スタッフ:,  

【今週のメルマガ配信】

デザインエイエムの村上です。
「Merry Christmas!」です。
今年はイブもクリスマスも平日なのでなかなか予定が立てづらいですね。
先週末に楽しまれた方も多いのではないでしょうか。
私もここ連日、忘年会といっては飲みに出かけ、クリスマス会といっては友達にあったり、楽しいこの時期を過ごしております。

さて今年どんな一年だったでしょうか。
毎年、今年の「総決算」と題してこの時期、今年食べた中で一番おいしかったもの、どんなことに一番感動したかなど友人たちとシェア会をしておりますが「食べ物」をシェアしたいと思います。

今年は福井県の 谷口屋のおあげ(ミニたれ付)です。
https://www.otoriyose.net/tatsujin/om0006/

高価なコース料理や珍しいものもたくさん食べましたが皆さんが楽しめてホッとする逸品をご紹介しました。
(上記感想を書いていますのでぜひチェックしてください)

年内、まだ間に合うのかな?
ぜひホームパーティや年末年始の食卓にいかがでしょうか。
では、年内ラスト号どうぞお楽しみください。

【制作実績】聖路加ガーデン WEBサイトリニューアル

東京メトロ日比谷線 築地駅近くにある「聖路加ガーデン」のWEBサイトリニューアル・写真撮影を担当しました。
聖路加ガーデンは、アメニティ・オフィス空間である「聖路加タワー」、シニアライフのための都市型レジデンス「聖路加レジデンス」を中枢にホテルやレストラン、スポーツクラブなど、多彩な機能をもつ、医・職・住・学・悠を融合させた都市空間です。

聖路加ガーデンの「青」をメインカラーに、シンプルに清潔感の感じられるサイトを目指しました。
日差しが入り明るく開放的なロビーや隅田川がほど近く緑が多い周辺環境など、聖路加ガーデンらしさを伝えるような写真も弊社で撮影をお手伝いさせていただきました。

写真はWebサイトを構成する中でとっても重要な一要素です!写真でWEBサイトの印象もがらりと変わるので、制作ご検討の際には是非あわせてご相談くださいね。

St Luke’s Garden 聖路加ガーデン
https://www.sl-garden.jp/

【CHRISTMAS & NEW YEARカード】

今年も社内コンペで決定した、CHRISTMAS & NEW YEARカード。
ツリーと来年の干支をかけたカードと、ねずみはペーパークリップになっています。

選ばれたのはWEBデザイナー、吉村美花のアイディアです。
クリップはぜひご活用くださいね~。

【DESIGNAMの本棚から】

弊社では月に1冊の目安で週の定例ミーティングの中、読書会を行っています。
毎回一章ずつ、心に響いた箇所や仕事に取り入れたいことをスタッフ間で共有しています。最近盛り上がった本をご紹介します。

◆今月の書籍 「質問力」話し上手はここがちがう
<ちくま文庫 齋藤 孝 氏 著>

「質問」について考えたことはありますか?
この本を読むと「質問」にはさまざまな意図があることが理解できます。ふつう質問というと「わからないからする」と思いがちですが、もしかすると無意識のうちにいろいろな役割で相手に質問をしているかもしれません。

例えば
・コミュニケーションを高めるための質問
・話を整理するための質問
・本音を引き出すための質問 etc

この本は、理論から実際の方法「技」といわれるものまで細かく紹介されています。例えばコミュニケーションの秘訣とは、相手との対話の中で「うんうん」とうなずき、そして「言い換え」、そして相手に「共感」して深めていくという「沿う技」。

「相手に沿いつつ少しずつ話題をずらす技」など。
「クリエイティブな質問力」まで、具体的な著名人の対談を通して紹介されています。
ぜひ興味を持たれた方は手に取ってみてはいかがでしょうか。
文庫版なのでお手軽です!!

2019年12月25日 | スタッフ: 

第1回:広告として成功するブランディング

こんにちは。デザイナー安武です。
今日はクリスマスイブですね。
わが家のサンタ準備は整いました!
明日の朝は、おもちゃで遊びたい子どもを、いつも通り登園させる戦いです。。

さて、「広告として成功するブランディング」です。
難しそうなタイトルをつけてしまいましたが…なんだかよく分からない“ブランディング“というものを身近に感じられるよう、広告として見るブランディングについて連載していきます。

「ブランディング?そんな大がかりなのじゃなくていいんだよ。」「ブランディングって何やるのかよく分からないんだよねぇ。」という方にこそ、こんな考え方もありますよ!とお伝えしたいです。


広告とブランディングはどう違う?

広告って、見せたい様に見せることで、例えば「激安!」とうたえば激安店に見えるし、「時価」とうたえば高級店と思わせます。
ブランディングの良い所は、「中から変わる」ということでしょうか。

誰もが知っている今治タオル

ブランディング例として、こんなに有名なものはないのではないでしょうか。

年季の入ったタオル画像でお恥ずかしいですが…

このマーク、佐藤可士和さんによるブランディングとして生み出されたものです。
そう、いま誰もがこのマークをみれば、今治タオルだと言うことが分かります。
今治タオルと言えなくとも、タオルブランドのマーク、なんか良いタオルでも。
とても簡単な結論から言うと、これがブランディングの成功例。
「マークを見て、名前が分かる、白くて気持ちの良いタオルのイメージが分かる」
「タオルと言えば、マークが思い浮かぶ、名前が思い浮かぶ」
「名前を聞けば、商品が分かる、サービスが分かる」

「目で見えるもの=耳で聞くもの=体感するもの」
こんな捉え方もできます。

佐藤可士和さんは今治のブランディングを引き受ける際、あまり気乗りしなかったところ、実際にタオルを使ってみて、気持ちは一変したそうです。
体感したものがとても素晴らしいのに、今治タオルの名前や評価は当時は無かった。それを作りあげ、タオルの基準さえも引き上げてしまった。
さらには、日本人のタオルの価値観すら変わったのではないでしょうか。


ロマンチックでロジカル

私たちが日々考えているお客さまのブランディングについても、そのお客さまの仕事やサービスが、ユーザーを素晴らしい体験に導き、さらには世界を変えていく、そんな夢を描いています。
そう、私たちはけっこうロマンチストなんです。でもその夢を実現するための設計図は、ロジカルに作りあげ、そしてその夢を実現するのは、他でもないお客さま自身なのです。

単に広告で、この産地のタオルがとても素晴らしい!と打ち出しても、それはブランディングにあらず。
なぜなら、作り手が自分達を認識していないからで、これでは作り手それぞれのさじ加減で、タオルの質も変わってしまいます。

中の人間が意識を変えることで、品質は保たれ、それがブランドとして評価される。
意識を変えるために、言葉や絵を駆使して同じ地図を描く。

そんな風に、ちょっと時間はかかるけれど、進むべき方角にみんなで進んでいくというのが、私のブランディングのイメージです。


さて、次回は広告の話を掘り下げます。
みなさん、良いクリスマスを!!

2019年12月24日 | スタッフ:,  

< 古い記事 |

pagetop