スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

第7回:広告として成功するブランディング

こんにちは、デザイナー安武です。
世の中の状況はいろいろと変わったり、まだまだ馴染めないことも多くありますが、ようやく入学式を迎えられ、晴れてピカピカの一年生となった我が家の息子。新入生が校歌を歌える入学式というのは、なかなかあることではなく貴重なことでした。何にせよたった3ヶ月前の先が見えない日々からすれば、晴れ晴れとした気分です。

キャッチコピー

さて、今回はキャッチコピーについて。

あなたは好きなキャッチコピーありますか?

私はキャッチコピーがすきです。
答えになってないような答えですが、好きなコピーって何かと言えば、あれもこれも好きで整理できないのです。
強いて言えば、コピーライター岩崎俊一さんのコピーが好きです。

短い言葉で、はっとさせられ、記憶に残る。
そんなコピーがあれば、広告としては影響力を持って、世の中へ発信することに成功するでしょう。
ブランディングでも、キャッチコピーは大事な役割を持っています。

誰に向けて、何を伝えるのか、何に気がついて欲しいのか。
「受け取る人が感じること」を伝える言葉がコピーなのかと思います。

よくありがちなのは、伝えたいことを伝えるコピー。
間違いでは無いけれど、言いたいことだけ言っている人は、周りの人が離れていきます。
どんなに素晴らしい商品も、その商品が作られる過程が価値なのではなく、商品が使われて価値が生まれるのだと、心に留めておきたいと思っています。

岩崎俊一さんが「料理は作る人のものじゃなく、食べる人のもの」と言われていたのが印象的です。
コピーもデザインも商品もブランドも、作る人のものじゃなく、見る人・聞く人・使う人・得る人のものでありたい。
そして、それらを作る人の支えになるようなものでありたいと、思うのです。

あなたのキャッチコピーはありますか?

「世の中を変えていきたい」

100年の歴史をもつ、地元に根付いた建設企業のコピー。
柔軟な発想力でスタートアップのIT会社のコピー。
独自の目利きで他にはない商品を揃えるお茶店のコピー。

どれもまったく違う業種であるのに、そのコピーでは分からない、という例。
こうしたらどうでしょうか。

「世の中を変えていきたい、この土地を見つめた歴史の上に」

「アイデアひとつで、世の中を変えていきたい、」

「毎日同じお茶を飲む世の中を、変えていきたい」

ちょっとだけ、楽しくなってきませんか?
こんなふうに考えていくと、コピーは楽しく、難しく、あらためて自分達のアイデンティティを考えるきっかけとなります。

そして何よりも、コピーとは、誰でも作れるのに、プロがいるという世界。
やっぱりプロが考えたものは違います。
それは前述の、「受け取る人が感じること」を伝えるということと、自分達のアイデンティティ(らしさ)を、どんな言葉で紡いでいくのかがプロなりに確立されているからだと思うのです。

ブランディングデザインをするに当たっては、こういった言葉のプロをパートナーに、私たちも一緒に考えます。


たった一言で、心に残り、読んだ人に問いかける。
読むのは、ユーザーであり、クライアントであり、スタッフであり、自分である。
その読み手がそれぞれに想う答えが、ブランドアイデンティティとイコールになるような仕事をしていきたいです。

2020年6月30日 | スタッフ:,  

第6回:広告として成功するブランディング

こんにちは、デザイナー安武です。
緊急事態宣言が解除され、少しずつ日常が戻ってくる気配が感じられます。
息子は入学式のないまま、学習プリントをこなし、アサガオは芽を出し、計算ドリルを一冊終えようとしています。
成長ってすごいですよね。セレモニーとか、区切り、節目など、こだわっているのは当事者ではなく周りだけなのかもしれません。決まり事にとらわれずに、いつも通りに過ごすこと、成長し続けることを学ばされます。

さて、こんな時こそ、これからどうブレずに行くのか考えさせられます。

ブレないというだけのブランディング

ブレないというだけでブランディングになるのか?ということですが、結論として私は「成る」と思うのです。

ここで難しいのは、当事者はブレていないと思っている事例ほど、周りから見るとブレている事が多いような。
ブレるとか考えていない当事者ほど、ブレていない。ような。

このことについて考えてみると、人は何かと比べてしまう生き物だと思うのです。
マーケティング的に言えば、何かと比べて分析する方が、より良くなると考えられますが、ブレの考察については、比べなければブレない、と思われます。でもそれでいいのだろうか。。他と比べることなく、愚直に突き進む不安。そんなときに、周りのパートナーから「大丈夫」とか「もう少しこっち方向に」とか助言がもらえれば心強いですよね。
私たちの仕事はそんなパートナーになることでもあります。

自分のことって案外見えません。ましてや強い信念を持ち、まっすぐに突き進んでいると、周りが見えなくなることもあります。でも、近くに周りをみてくれる人がいたら、自分の状態を正しく判断してくれる人がいたら、それだけで、安心して走り続けることができる気がします。

私たちのお仕事の中で、ロゴデザインがありますが、ロゴにはブレない思いや志を、形や色などさまざまな要素で盛り込みます。お客さまにとってのパートナーの1つになるような、そんなロゴデザインを心がけているのです。

広告的に考えるとブランディングやロゴデザインも、流行の要素を取り入れたくなりますが、まずは、ブレない芯の部分をしっかりと形作り、それを軸にしなければ、ちょっとした風で倒れてしまうことも。

予想しない事態を経験すると、よりその芯の強さを大切だと感じます。


ブレとは煩悩のようなものなのでしょうか。。
増上寺にお参りして、ふと自分の原点を思い出しました。
いつも背筋をのばして、しゃんとしていきたいものです。

2020年5月26日 | スタッフ:,  

第5回:広告として成功するブランディング

こんにちは、デザイナー安武です。
弊社スタッフはほぼリモートワークとなっていますが、徒歩通勤の私は変わらずに出勤しています。
20分くらい歩いていると、この時期沢山のお花が咲いていて、とくにバラが美しい!
このあたりの住宅路地は植栽が多く、よく手入れされているのですが、立派なバラがきれいに咲いているのを見ると、持ち主の愛情を感じます。鬱々としたニュースも多いですが、外に出れば、テーマパークに行かずとも、植物の生命力にパワーをもらえる季節です。

流行と自分スタイル

さて、「流行と自分スタイル」これ、そのまま「広告とブランディング」という感じに捉えてみます。
広告は流行で、ブランディングは自分スタイル。ちょっと強引かもしれませんが、ファッションとして考えると整理しやすいかもしれません。

・いつも同じような服を、何年も変化無く着ている。選ぶ基準は無難。

これは一見自分スタイルを確立しているようですが、個性のないスタイルは多くの人のなかに埋もれてしまいます。

・流行の服をいつも取り入れている。雑誌に載っているものや店頭で見本にされているものと同じもの。

これは華やかではありながら、実は多くの人と同じ着こなしであるため、個性が見えてこないのです。流行だけを追うと中身がないように見えてしまう、デザインでもやってしまいがちな一例。

・いつも同じような服を、少しずつ形や素材などを変化させながら取り入れている。雑誌で流行を知りながら、自分の持っている服に合うものだけを選んで取り入れている。

これは自分の好みや見え方を知っている上で、環境や年齢の変化に応じていくのが、ベーシックでありながら個性のあるスタイルを作っていく、ちょうど良いバランスなのではないかと思います。

自分にあった服や着こなしを知っている人は、流行の取り入れ方も素敵です。
それに、身につけているものよりも、その人自身が素敵にみえます。

広告とブランディングの関係性も、こうありたいと思うのです。


自分らしさをみつけていなければ、流行の服を着ても似合わない。
ブランディングができていなければ、目を引く広告も効果を発揮しない。

流行の服を着てみても、自分らしく着こなさなければ素敵に見えない。
広告を打ち出しても、本来の姿が定まっていなければ、ファン獲得にはならない。

そんなことを考えながら、ブランディングとプロモーションを考えます。

長引く自粛の折、自分を見つめ直す時間がいつもよりも多くあります。
自分らしく、どんなチャレンジをしたらなりたい自分に近づけるのか、毎日の装いからも少しずつできることがあるように思います。

2020年5月11日 | スタッフ:,  

< 古い記事 |

pagetop