スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

第2回:web 担当吉村のWEBブランディング

あけましておめでとうございます。
web担当の吉村です。

休暇明けのデスクは、各スタッフの帰省のお土産が並ぶので、
とても華やかになります。
ご褒美タイムの誘惑と戦う一日でした。

さて、今回は私もまだまだ勉強中。
そしてWEB制作でもご質問いただくことの多い、SEO対策についてです。

検索ランキングをあげたい!
SEO対策の今昔。

1. SEO対策ってそもそも何のこと?
2. 余計なことは書かない!NGなブラックハットSEO対策とは?
3. ユーザー視点で考える!ホワイトハットSEO対策をしよう


1. SEO対策ってそもそも何のこと?


SEO対策とは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimizationの略)のことで、自身のWebサイトを上位表示させたり、より多く露出することでサイトの閲覧数をあげ、広報ツールとしての効果を向上させるための対策のことです。

YahooやBing、MSNなど、様々な検索ツールがありますが、基本的には世界で最もシェア率の高いGoogleの検索エンジンに対して有効な処置を行うことを指します。

Googleは200以上の要素からなる、独自の検索アルゴリズム(AI)を展開しており、定期的にアップデートもされる仕様に沿った方法で対策をしていくことが必要になります。


2. 余計なことは書かない!NGなブラックハットSEO対策とは?


過去に有効と言われ、隆盛していたSEO対策のなかで
「ページに関係ないけど、今話題の単語を仕込んだり、話題として組み込む」
「関連性はないけど、いろんなサイトにリンクを貼ってもらう」
「ページを増やすために自動でダミーページを作り続けるツールを導入する」
などの方法があります。

このような方法は「ブラックハットSEO」と呼ばれ、現在では有効性が見られないどころか、Googleも対抗処置のアップデートを繰り返したため、アルゴリズムがWebサイトの評価を下げ、最悪の場合そのWebサイトの検索順位が大幅に下落したり、ペナルティが課せらるようになりましたので注意が必要です。

参考:
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ


3. ユーザー視点で考える!ホワイトハットSEO対策をしよう


では、どうしたら良いのでしょうか?

ユーザーの利便性を最優先にし、見やすくわかりやすく、正しいページを作ること。
更新頻度をたかめて、古い情報で止まっていないこと。

当たり前ですが、それが今のSEO対策において最も重要となります。
(ブラックハットSEOに対して、「ホワイトハットSEO」と呼ばれています。)

具体的な対策の方法は色々ありますが、簡単に数点ご紹介します。

<ページの内容がアルゴリズムに対してわかりやすいか。>

ユーザーに対していくら親切にしても、Googleの検索アルゴリズムが感知できない状態では意味がありません。

・ページのタイトルや、ディスクリプション文が導入されているか。
検索結果画面をみていただくと、青い大きめの文字でページ名が書いてありますよね。
ページに適切なタイトルをつけてあげることで、AIが何のためのページなのかを理解できるため、タイトルタグはとても大切です。タイトルは長すぎると省略されてしまいますので、簡潔にします。

ディスクリプション文というのはタイトルを補完する概要文のことで、Googleの検索結果画面でいうと、少し小さめな灰色の文字の部分を指します。
日本語の場合は、100字前後が適切といわれています。(2019年時点)

・文字はテキストになっているか。
画像の中に文字が入ってしまっていると、アルゴリズムが文字を認識できないず、キーワードとして拾ってもらえません。
極力は文字情報はテキストとしてページのがベストでしょう。
また、ユーザー視点においても、テキストの状態だとページ内での検索や、文章コピーがしやすいので嬉しいですよね。

複雑な形状や、デザインの観点からやむを得ず画像にする場合は、隠しテキストとして画像内の文字列をコード内に入れることもできます。

・見出しや本文に重要なキーワードを出現させる。
単調な文字列だけでは、ユーザーとしても見づらいですね。
見出しを示すタグや、太字にするタグなどを使うことで、アルゴリズムにもそれを教えます。
もちろん、むやみに見出しタグをつかうと逆効果ですので気をつけましょう。

参考:
Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]: 良質なサイトをより高く評価するために
検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ


いかがでしたでしょうか。
SEO対策はゴールのないマラソンのようなものですが、真面目に続けていくことで効果がでる、まさにブランディングといえると思います。

次回更新は2月10日(月)。
「SEO対策にも◎モバイルフレンドリーなサイトにしよう」です。

2020年1月7日 | スタッフ:,  

第1回:web 担当吉村のWEBブランディング

こんにちは。web担当の吉村です。

今日から弊社のブログの内容が一新します。
それぞれが趣向を凝らした連載をしていきますのでお楽しみに。

私の担当は「WEBブランディングについて」

「WEBにもブランディング?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。
実際、弊社にも「ホームページって作る必要あるんですか?」なんて声も頂いたことがあります。

この連載では、意外と知られていない、WEBブランディングの重要性についてお話していきます!

で、なにしたらいいの?!
WEBブランディングのあれこれ
– 超初級編 –

サービスを利用したり、仕事をしようという場面で、
どんな会社・団体か知りたいと思ったら、その会社名・団体名で検索したことはないでしょうか?

スマートフォンの普及や、公の場での無料Wi-Fiの設置増加をはじめ、
インターネットが身近になった今、WEBブランディングもしっかり整えないと、
ブランドイメージを損ないかねない悲しい結果になるかもしれません…!

1. WEB施策の手段はいろいろ。
2. 継続が力に…!運用を考える。


1. WEB施策の手段はいろいろ


WEBブランディングといわれても何から手につければ分からないですよね。
「よし!じゃあ、WEBサイト作るか!」「流行ってるしインスタ始めようかな。」と思うこともあるかもしれません。

しかし、「とりあえずはじめた」だけの施策では逆に会社のイメージを損ねたり、逸脱してしまう可能性も!

せっかく作っても効果ナシはともかく、マイナス効果になってしまっては大変です。

WEBブランディングには「アピールポイントに適切な方法」を選びましょう。

その1:WEBサイトは名刺や表札!
会社や団体の紹介ページを作成しましょう。
WEBサイトは会社・団体の名刺や表札のようなものです。
インターネットの普及した現代では会社の信用度にも影響するかもしれません。

どこかの誰かが、あなたの会社の名前を知ったとき、検索サイトで会社名を調べるかもしれません。
その際に、しっかりとした公式サイトにたどり着ければ、安心ですね。

会社や団体の情報がいっぱいのWEBサイトはもちろんですが、
ひとつのイベントや、商品、サービスにフォーカスした単独のWEBサイト(ランディングページと呼びます)を作ることも
アピールポイントによっては効果的と考えられます。

なによりWEBサイト設置の最大の魅力は、自由度です。

後述するSNSなどでは、その提供サービス側のフォーマットにあわせた発信になり、URLもサービス内のものになりますが、WEBサイトでは、独自のURLを取得したり、デザインを工夫することで、より自由にイメージを伝えられるメリットがあります。
パンフレットやポスターなど、紙媒体の広告物があれば、連動したデザインをすることで更なる統一感も演出できます。

その2:拡散を狙ってSNSを運用するのも○!
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは
インターネット上で人と人とのつながりや交流を楽しむ、コミュニティ型会員サービスですが、
もちろん企業・団体のアカウントとしても運用することができます。

BtoCの場合は顧客と密接な関係を作ることができる事や、
拡散力の強さから、ときにWEBサイトよりも有効と考えることもできます。

WEBサイトが名刺なら、SNSはチラシかもしれませんね。

代表的なものは、TwitterやFacebook、インスタグラム、Youtubeでしょうか。
それぞれのメリットデメリットはまた次の機会にご紹介しますね。


2. 継続が力に…!運用を考える。


WEBサイトをつくったから、Twitterをはじめたから。
それで完了ではありません!

塵も積もれば山となると言うとおり、小さな積み重ねをコツコツしていくことが
WEBのみならずブランディングには必要です。

続けやすいかどうか、運用しやすさも大切な要素です。

その1:施策の位置づけを確認
インターネットは世界中につながっています。
WEB施策をするということは「世界に何を発信していきたいのか。」ということ。

まずは大きく「そのコンテンツのゴール」を決めましょう。

先述したとおり、続けやすいのかも大きな要素です。
たとえば「ブランド認知度を上げたいから、時事ネタで面白いツイートを毎日100ツイートする!」という運用方法だとそのうち息切れしてしまいそうですよね。
「スタッフの人柄が見えるような日常のツイートを、毎朝定刻に1ツイートしよう」だと続けられそうな気もします。

ユーザーからの反応や、運用してみた感覚に応じて、少しづつハードルが上がっても良いかもしれないですね。

その2:顧客目線で考えよう伝える側になると「あれもこれも知ってほしい!」気持ちが大きくなりがちですが、
情報がいっぱい詰まっている状態は、時としてWEB施策には「不向き」になる場合があります。

逆に「とにかくカッコいいデザイン!」を追求してしまい情報が分かりづらいサイトや、
「必要最低限の情報しか載っていない」面白みに欠けてしまうサイトも、
WEBブランディングとしては残念なことになってしまいます。

更に、スマートフォンが普及した昨今では、WEBサイトの表示速度も大切な要素。
クリックしてもなかなかページが表示されないと、イライラしてきませんか?
一説には、スマホ世代が耐えられる表示速度は「3〜6秒」言われています。

ユーザーがスピーディーに必要な情報を得られれば、満足度があがり、相乗してWEB施策の効果もあがります。

まずは自分がユーザーだったら、と気持ちを置き換えて
「どうすれば本当に伝えたいことが伝わりやすいのか」
を考えましょう。

その3 振り返って分析!そしてブラッシュアップ!
運用がスムーズにできるようになった後は、分析をしていきましょう。
多くのSNSでは、いいねボタンなど、ユーザーの反応を計り知るツールが用意されていますが
WEBサイトでもアクセス解析という方法があります。

弊社でご用意するWEBサイトではご希望に応じてGoogle Analyticsを設置しておりますが、
たとえば「12月は何曜日のアクセスが多いのか」というだけではなく
「パソコンとスマホ、タブレットのどれからのアクセスが多いのか」
「都道府県のどこからのアクセスが多いのか」
「イチオシのあのページへはどこからアクセスされてきたのか」
「このページには何秒くらい滞在していたのか」など
細かく解析することができます。

その結果を元に
「社員のブログページがアクセスが大きいので、商品の宣伝をもっと置いてみよう」とか
「木曜の10時にアクセスが集中するようだから、新メニューの公開をその時間に合わせよう」というような
新しい施策を考えることができます。

アクセス解析については、ゴール設定に基づいて様々な予想を立てることができる項目なので
一概に「アクセスが多いから成功している」「直帰率(このページを最後にサイトから離脱した確率)が多いからダメ」といえない、
すこし判断が難しい範囲もありますが、ブランディングの次の一手を打つのには非常に有効な手段といえるでしょう。


いかがでしたでしょうか。
今回は超初級編としてWEBブランディングのさわりのお話をさせていただきました。
次回は、「検索ランキングをあげたい!SEO対策の今昔。」です。

更新は年もあけた、1月7日(火)です。

2019年12月3日 | スタッフ:,  

|

pagetop