スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

第4回:おすすめ美術館

こんにちは!
アシスタントディレクターの小倉です。
「100日後に死ぬワニ」が残り2日となってしまい、ワニから目が離せません。。

ようやく気温も温かくなり外出もしやすい季節となってきましたが、中々自由に出回れる状況ではないですね。
美術館も臨時閉館などが多く・・・今回は展示に行けていないので、おすすめの美術館をご紹介しようと思います!

豊田市美術館

地元愛知県の美術館です。
名古屋からは少し遠いのですがわざわざ足をはこびたくなります。

木々に囲まれ、外からは見えない美術館ですが、アプローチを入ると広がる空間と静けさが素敵です。
色々な角度から見る美術館は思わず写真を撮りたくなります。
ドラマのロケ地としても使用されていたり・・・すごく絵になります。
(Webサイトで写真がたくさん見れるので、ぜひ見てみてください!)
https://www.museum.toyota.aichi.jp/

ほかに好きなポイントは以下3点!

・魅力的な企画展が多い
個人的には奈良美智展がとっても良かったです。

・常設でクリムトの絵が見られる
クリムトが好きなので…(超個人的です)

・ミュージアムショップがおもしろい!
特に雑貨が他の美術館で見られないような商品が多い気がします。
期間限定の企画なども開催されていたり、行くと必ずチェックしたくなります!

美術館の敷地内(野外)で、おしゃれなコーヒースタンドが出ていたりもします。
家の近所にあったら、コーヒー買ってぼーーっと建築見ていたいくらい好きな空間です。

豊田市美術館
愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1
https://www.museum.toyota.aichi.jp/

東京都庭園美術館

内装も外装も美しすぎて、すごく目が喜びます。
こちらの庭園では、お子さんづれのご家族で記念写真を撮られていたり、お一人で本を読まれていたり、お友達と座っておしゃべりしていたり・・・。

各々自分たちの時間をゆったり過ごされていて、地域との距離が近い美術館だなと印象的でした。

——————————
当館の特色は、なんといっても、その建物の美しさにあります。
これは、戦前にパリに遊学された朝香宮夫妻の邸宅として、当時最新の建築様式によって、1933(昭和8)年に建造されたものです。
とくに内部のデザインは、壁飾りから家具、照明器具にいたるまで、アール・デコとよばれる装飾様式で統一され、そのモダンな優美さは息をのむほどです。
玄関、大客室、大食堂、書斎などの主要部分の内装は、当時のフランスを代表する装飾美術家であるルネ・ラリックやアンリ・ラパンに依頼されました。
基本設計を担当したのは、宮内省内匠寮の建築家だった権藤要吉でした。朝香宮邸は、近代西洋に憧れる日本人の思いを実現した建築だったわけです。
“幻の建築”、あるいは、”アール・デコの美術品”と称されてきた朝香宮邸は、後世に伝えるべき名建築として、2015(平成27)年に国の重要文化財に指定されました。
都心とは思えない緑ゆたかな庭園にたたずむ当館は、日本のアール・デコの記念碑として、来館者を魅了していくことでしょう。

(東京都庭園美術館HPより抜粋)
——————————

とにかく強いこだわりが込められて作られた建物ということがビシビシ伝わります。
アール・デコの装飾様式で統一された室内装飾は本っ当に美しいです!

1年に1度室内装飾展をやっているので、ぜひ機会があれば足を運んでみてください。
この展示の時には撮影もOKとなっているので、ぜひカメラを持っていくことをおすすめします!(普段は撮影不可)

ちょうど室内装飾の際に行ったので、自分もたくさん写真を撮ってしまいました。

東京都庭園美術館
東京都港区白金台5-21-9
https://www.teien-art-museum.ne.jp/

2020年3月19日 | スタッフ:,  

第3回:ハマスホイとデンマーク絵画

こんにちは、今年も花粉症の季節がやってきてしまいました。。
実は箱で買っていたマスクがちょうど切れてしまい、急遽実家から取り寄せることに…。花粉症とウイルス対策、これで乗り切りたいです!

さて今回は弊社のスタッフから激推し情報をもらい、東京・上野の東京都美術館で開催しているハマスホイとデンマーク絵画へ行ってきました。

ハマスホイとデンマーク絵画

今回の展示は2008年の展覧会から約10年の時を経て再びハマスホイ作品が日本に集結した美術ファン待望の展覧会だったそう!

自分はハマスホイもデンマーク絵画もこれまで触れたことがなく…全く初めて状態で予備知識などもなく見に行ったのですが、とても自分の好みに合っていて、新しい画家を知れた良い機会でした!
美術展後半の居室や寝室空間を描いた室内画がとても印象的だったのですが、人よりも空間がメインに捉えられているものあまり見たことがなかったので新鮮に感じたのかもしれません。北欧のインテリアが好きな方はそういった点からも楽しめる作品が並んでいました!おすすめです!!

そして、今回すごく気になっていたのが展覧会のグッズ。
今回のグッズ制作を手掛けたのは、昨年クリムト展でもグッズ制作を担当していた会社です。こちらもおすすめしてくれたスタッフからの受け売り情報なのですが(笑)、ポストカードを陳列する什器を自社で作られていたり、エコの観点も大事にしていてプラ袋の包装はされていないなどなど…こだわりのつまったグッズ売り場になっていました!
ハマスホイの作品で使用されているグレーを基調として暮らしに寄り添うグッズたちは、使いたい!!全部ほしい!!と思うものばかり・・・売り場で他のお客さんもすごく悩まれていた姿が印象的でした(笑)

自分もかなり厳選してグッズ購入したのですが、そのうちのポストカードの裏面にとてもうれしいなと思う情報が。

作者・作品名が記載されています。ちなみにハマスホイの作品だけ色がついています(左)。気に入って購入しても時間がたつと作者が分からなくなったりすることがあるので、個人的にすごくうれしいポイントでした!
他にもエコバッグやキーホルダーなど…購入したものは早速次の日からめちゃくちゃ愛用しています!ちなみにSNSなどでも盛り上がっていました!日常的に使いたいなと思わせるグッズは作品を知らなくても足を運ぶきっかけになりますし、いいですよね。

ハマスホイとデンマーク絵画
東京展(東京都美術館):2020年1月21日(火)~3月26日(木)
※コロナウィルスの影響で閉幕となりました。
山口展(山口県立美術館):2020年4月7日(火)~6月7日(日)
https://artexhibition.jp/denmark2020/

2020年2月20日 | スタッフ:,  

第2回:ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

こんにちは、アシスタントディレクターの小倉です!今回は東京都現代美術館で開催中の「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」へ行ってきました。
ミナ ペルホネンは、雑誌で1冊まるまる特集が組まれたり、度々今回のような大規模な展覧会を実施したり・・・日本を代表するテキスタイルブランドのひとつというイメージです。
実は私も学生時代からあこがれているブランドです。といってもお洋服はまだ購入できたことはないのですが、5年ほど前に青山のスパイラルガーデンで開催されていた展覧会も素敵だったのが記憶に新しいです。
展示をやるいうことで開催前から楽しみにしていたのですが、ようやく仕事帰りに駆け込んできました!

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

ミナペルホネンのものづくりの営みを自然界に例えて8章仕立ての構成で回ります。ぐるっと円状に巡回できるようになっていて自由な順路で見て回ることができます。

設立当初から2020年春夏コレクションまでの約25年分の服のアーカイブがずらっと並ぶ「森 pieces of clothes」のブース。
写真は一部分だけですが、ぐるーっと取り囲むように服が並んでいます。その数実に400着以上!圧巻です。
テキスタイルが本当に凝っているので、じっくりひとつひとつ見てしまいます。それだけで楽しい。

またこちらは年代別ではなく、年代がミックスされて展示されているのですが、全く時代感を感じないのがすごいですよね。
どの時代にも当てはまる服…自分のクローゼットにそんな服あるかなと思わず考えてしまいました。

短いサイクルで大量消費されていくのではなく、シーズンを超えて愛用してもらえる服というブランドの目指すものが感じられました。

そのほか、ミナ ペルホネンのものづくりの過程やアイディアなどが見られるブースの中から印象的だったものを2つご紹介します!

こちらは製品を作るための生地の取り都合えを表していますが、生地の無駄ができる限り出ないよう他の製品のパターンも入れて配置されています。
自分自身が生地の取り方にすごく頭を悩ませた過去があるので、単純にすごく感動してしまいました。ブローチなどの細かい服飾雑貨や店舗で販売しているハギレなどもその一環ですよね。

2つ目は、生地ができるまでのプリント制作過程です。1番上のチェック柄が完成形です。
ひとつの柄を作り上げるのに、こんなに版を重ねているのか!と頭がクラクラしました(笑)
単純に考えれば色ごと(おそらく4色)に版を分けてプリントしていくところ、にじみなどの風合いを表現するために12版も重ねています。
このこだわりがあるからブランドらしい魅力的なテキスタイルになるんですね。

今回のようなモノづくりの考えや過程に触れることで、その価格の意味などまで納得できる展示だと感じました。
まだまだ自分にはなかなか手を出せるような値段ではない遠い存在だと思っていましたが、長い目で見るとそうではないのかも・・・改めてモノとの向き合い方も考えさせられました。

閉館まであまり時間がなく、最後の方は駆け足になってしまったので、もう一度リベンジできたらと思っています。
ご興味ある方はぜひ。

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
場所:東京都現代美術館
期間:2019年11月16日(土)-2020年2月16日(日)
https://mina-tsuzuku.jp/

2020年1月23日 | スタッフ:,  

< 古い記事 |

pagetop