スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

第5回:紙の歴史

こんにちは!デザイナーの山本です。

コロナウィルスの影響で、弊社も在宅勤務となり、
家という環境を仕事場にもできるように日々奮闘しております。

外出は中々できませんが、
自炊を毎食するため、ご飯をよく炊いて、
バランスを考えるようになり、
レシピブックを取り出して作るようになりました(笑)

健康に気をつけつつ、今しかできないことを見つけて、
お家生活も楽しみながら過ごしたいです。

オンラインでの生活が必須になってきているタイミングですが、
今回は、「紙の歴史」について書きたいと思います。

紙ができるまで

BC3000年代からAD1000年まで古代エジプト文明において、
水草パピルスの茎から皮をはぎ、
茎の中心部にある髄(芯)を薄く切ったものを材料とした
「パピルス」がエジプトを中心に使用されていました。

また、紀元前2世紀あたりでは、
発明された羊皮紙(パーチメント)が書写材料として普及しました。
主にヨーロッパで使われていましたが、非常に高価だったので、
紙の普及とともに使用されなくなったそうです。

紙はいつできたの?

紙は、紀元前2世紀頃、中国で発明されたと考えられています。

西暦105年頃に蔡倫(さいりん)という
後漢時代の役人が行った製紙法の改良により、
使いやすい実用的な紙がたくさん作られるようになったと言われています。
ちなみに蔡倫が紙作りに使った材料は、
麻のボロきれや、樹皮などでした。

紙の発展

その後、紙の材料や製造法は改良を重ねられながら、
絹の伝播(シルクロード)と同様に、西洋へと伝えられていきました。

8世紀頃にアラビアに、
そして10世紀頃にはエジプトでパピルスに代わって普及、
12世紀には地中海を経由して製紙技術がヨーロッパに伝わり、
製紙工場がスペインやフランスなど各地につくられました。
15世紀にはヨーロッパ全土に広がり、
アメリカでは1690年に初めてフィラデルフィアに製紙工場がつくられます。

日本へ紙が来たのは…?

日本で紙がつくられるようになったのは
仏教をはじめ、大陸の文化や技術の交流が盛んになった
5~6世紀頃だと考えられています。

日本では9世紀初頭に確立したとされる流し梳きによる薄手の紙が、
楮や雁皮などをおもな原料として製造されていました。
日本の和紙の製造は、
原料をはじめその工程には紙質を良くするための
さまざまな工夫や改良が加えられてきましたが、
工程の機械化はされず、
近代に西洋から洋紙の製紙技術が導入されるまで、
主に人の手によって行われていました。

日本での広がり

開国まもなく、明治5年〜8年頃、製紙会社によって、
紙の操業が始まったそうです。
意外と近代ですね…!

日本の洋紙産業は文明開化とともにスタートしました。
以降、ヨーロッパで発明された近代的な技術を次々と取り入れ、
発展していきました。

また、明治から大正にかけては、
新聞・雑誌・書籍などに使われる紙の需要も拡大。
それにより製紙産業が発展していったということです。


紙の発展はパピルスから考えるととても長くかかっていますが、
記録するということが文明の発達ともに発展してきたことがわかります。
(デジタル社会の発展は、よりめざましいですね…!)

最近はオンラインで、デジタルばかりなので、
個人的にはとてもアナログな紙が恋しくなる今日この頃です。

お家で読書も楽しみつつ、この時期を乗り切りましょう〜!

2020年4月14日 | スタッフ:,  

第4回:印象の違い〜名刺編〜

こんにちは!デザイナーの山本です。

最近、だんだん暖かくなって、
桜ももうすでに開花…!
春が近づいてきていますね〜!

ですが、まだ朝晩は冷え込むので、
服装も気が抜けません。。
体調を崩さないように気をつけないといけないですね。

さて、今回のテーマは、
文字と紙による「印象の違い〜名刺編〜」について
書きたいと思います!

見比べてみよう!印象の違い

ロゴは、会社の『顔』となる大事なものであり、
名刺もそのロゴをのせた、
会社としての第一印象を決める大切なツールの一つです。

人も服装や髪型で印象が変わるように、
名刺も、紙や書体を変えることで印象が全く変わります。

ロゴを作成された際は、
名刺にも会社としての印象付けたいイメージのデザインにすることや、
紙にまたちょっとした工夫をすることで、
数多くある企業の中でも第一印象を残すことができます。

1. スタイリッシュ・シンプルに仕上げたい!


▲ 書体:ゴシック体、
   紙:ホワイト(さらっとした質感のもの・ツヤ感が少しあるもの)
文字をゴシック体にすることで、かっこいい印象に仕上がります。
また、紙を真っ白なものを使用すれば、とてもクリーンな印象に。

2. 高級感・上質な感じにしたい


▲ 書体:明朝体
   紙:オフホワイト(少し質感のあるもの)
明朝体は、上品なイメージにしたい時に使用します。
紙をオフホワイトにすることで、少しだけ柔らかさが加わります。

3. 柔らかい印象・優しいイメージにしたい


▲ 書体:丸ゴシック
   紙:生成り色
丸ゴシックは、書体自体がとても可愛らしく、
柔らかさや優しい印象に仕上げたい時に使用します。
紙色も、黄味が増すほど、柔らかいイメージになります。


3つを見比べてみると印象が大分違うと思います。
文字や紙については、名刺に限らず、
ロゴやパッケージ、会社案内などを作成する時にも言えることです。

特に、名刺の場合は、実際に人が手に取るものなので、
紙にこだわったり、加工を施すことで、
他とは違った印象をグッとつけられるようになります。

「細部に神が宿る」という言葉がありますが、
ロゴや名刺、会社案内などの
文字と紙に注目してみても面白いと思います!

2020年3月17日 | スタッフ:,  

第3回:オススメの紙

こんにちは!デザイナーの山本です。

先日、21_21 DESIGN SIGHTにて
「㊙︎展 めったに見られないデザイナー達の原画」を見てきました!
エイエム社員も既に行ったという話を聞いていたので、
とても楽しみにしていました。
展示の内容は、とても充実していて面白かったです。

が、私は展示内容について書くわけではなく…
(弊社小倉が展示について紹介していますので、内容が気になる方は
こちらへ)

その展示のグッツで、ツバメノートに久々に出会いました!
ツバメノートの書き味の良さを思い出しまして、
そこで、今日は、オススメの紙(ノート)の紹介をしたいと思います〜!

フールス紙

フールス紙というのは、印刷のためではなく、
書くために作られたとても品質の高い紙です。
一般的に良いとされている上質紙よりもひと工程多く、
筆記特性に優れたオリジナルの紙となっています。

明治時代、イギリスから高級筆記用紙が輸入され、
優れた万年筆筆記用紙の国産化を目指し、
数種の「フールス紙」が生まれました。

国内初として生まれた鵬紙業の「OKフールス」、
渡邉初三郎商店(現:ツバメノート)の「フールス紙」、
今は廃盤になってしまった鵬紙業(旧:菊田洋紙店)の「バイキングフールス」など、
製紙メーカーと販売店が様々な研究を積み重ねて開発したようです。

特に、ツバメノートは、高品質のフールス紙をさらに特漉きしており、
より筆記の特性に優れた紙を完成させたのがツバメフールス紙だそう!
透かしが入ってるのがとてもお洒落でしたが、
今はマークを入れる機械が故障してしまい、なくなってしまいました。

紙のサラサラ感と書き心地の良さをぜひ味わってください!

ツバメノート

大学ノート

トモエリバー

紙の名前で聞くと、馴染みがないかもしれないですが、
ほぼ日手帳ジブン手帳などに使用されている紙と言ったら
わかりやすいかもしれません。

カタログや辞書の郵便コストを抑えることを
目的として開発された「薄く軽い紙」のことを言います。
トモエリバーは、数種類が存在しており、
「トモエリバー・手帳用」が書き心地を重視して作られた紙です。

薄いのに、裏写りしにくいところも、定評があります。
また、ペラペラの薄い紙なのに、にじみづらく丈夫なのも人気の秘密です。

ちなみに、手帳だけでなくルーズリーフやノートもありました!

トモエリバーFP

「クラシ手帳」サイズのスリムノート(3冊セット)/KURASHI&Trips PUBLISHING

薄くて書き心地がとても良いので、
たくさん書きたくなってしまいます。

是非、文房具屋さんや本屋さんで見て、触って、試してもらえたらと思います。

2020年2月18日 | スタッフ:,  

< 古い記事 |

pagetop