スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

【文字と紙】オススメの紙

こんにちは!デザイナーの山本です。

先日、21_21 DESIGN SIGHTにて
「㊙︎展 めったに見られないデザイナー達の原画」を見てきました!
エイエム社員も既に行ったという話を聞いていたので、
とても楽しみにしていました。
展示の内容は、とても充実していて面白かったです。

が、私は展示内容について書くわけではなく…
(弊社小倉が展示について紹介していますので、内容が気になる方は
こちらへ)

その展示のグッツで、ツバメノートに久々に出会いました!
ツバメノートの書き味の良さを思い出しまして、
そこで、今日は、オススメの紙(ノート)の紹介をしたいと思います〜!

フールス紙

フールス紙というのは、印刷のためではなく、
書くために作られたとても品質の高い紙です。
一般的に良いとされている上質紙よりもひと工程多く、
筆記特性に優れたオリジナルの紙となっています。

明治時代、イギリスから高級筆記用紙が輸入され、
優れた万年筆筆記用紙の国産化を目指し、
数種の「フールス紙」が生まれました。

国内初として生まれた鵬紙業の「OKフールス」、
渡邉初三郎商店(現:ツバメノート)の「フールス紙」、
今は廃盤になってしまった鵬紙業(旧:菊田洋紙店)の「バイキングフールス」など、
製紙メーカーと販売店が様々な研究を積み重ねて開発したようです。

特に、ツバメノートは、高品質のフールス紙をさらに特漉きしており、
より筆記の特性に優れた紙を完成させたのがツバメフールス紙だそう!
透かしが入ってるのがとてもお洒落でしたが、
今はマークを入れる機械が故障してしまい、なくなってしまいました。

紙のサラサラ感と書き心地の良さをぜひ味わってください!

ツバメノート

大学ノート

トモエリバー

紙の名前で聞くと、馴染みがないかもしれないですが、
ほぼ日手帳ジブン手帳などに使用されている紙と言ったら
わかりやすいかもしれません。

カタログや辞書の郵便コストを抑えることを
目的として開発された「薄く軽い紙」のことを言います。
トモエリバーは、数種類が存在しており、
「トモエリバー・手帳用」が書き心地を重視して作られた紙です。

薄いのに、裏写りしにくいところも、定評があります。
また、ペラペラの薄い紙なのに、にじみづらく丈夫なのも人気の秘密です。

ちなみに、手帳だけでなくルーズリーフやノートもありました!

トモエリバーFP

「クラシ手帳」サイズのスリムノート(3冊セット)/KURASHI&Trips PUBLISHING

薄くて書き心地がとても良いので、
たくさん書きたくなってしまいます。

是非、文房具屋さんや本屋さんで見て、触って、試してもらえたらと思います。

2020年2月18日 | スタッフ:,  

【文字と紙】紙のサイズ

こんにちは!デザイナーの山本です。

寒い日々が続いておりますが、どのようにお過ごしですか?
私は、先週、体調を崩してしまい、
新年早々、健康な生活のありがたみをひしひしと感じておりました…。
ご飯が食べられるって素晴らしいです…!

インフルエンザも流行っておりますので、
皆様もお気をつけください。

さて、第一回目は書体の種類について(ざっくり編)をお届けしました!

第二回目は…「紙」のサイズについてです!
紙にはA4とかB5とか、「A」と「B」のサイズがあります。
地味に何で?と思ったことはありませんか?

A判とB判は、どうやってできたの?

昭和の初め頃、1920年代の出版事情に関する資料では、
四六判、菊判、新四六判、菊半截、三五判、四六倍判など、
たくさんの種類の判があったそうです!

「書籍には四六判」「雑誌には菊判」といった主流はありましたが、
同じ判でもサイズが微妙に違っているなど、バラつきがあったようです。
ここから、紙のサイズの統一規格を決めよう!となったそうです!

●A判の発祥…
規格を一から考えるのは大変なので、海外の規格を調べてみると、
アメリカやイギリスは、
もととなる大きな紙(原紙)の大きさだけを決めておけば、
それを何等分したかで自然と画一化されるだろう、というざっくりした方式。
一方、ドイツは、
原紙のサイズと、原紙を二等分していった用紙のサイズとを全て決めてしまうものでした。
ちょうど「A5」サイズが、日本で雑誌の主流だった「菊判」にちょうど近い!
ということで、ドイツで使われていたA判の規格を
そのまま日本でも採用されたんたとか。

●B判はどうして?
A判が誕生しましたが、日本では書籍は四六判が主流を占めていたそうで、
A判だと対応できませんでした。
多くの人が慣れ親しんでいたため、四六判に近いサイズを探していた時、
A判のサイズを1.5倍にした寸法を使うと
四六判に近いサイズが作れることが発見されました。

これはちょうど良いということで、
A判の面積を1.5倍にした規格をB判として決めたそうです!
海外にもB判があるそうですが、日本のB判とはサイズが異なるそうです。

紙のA判とB判

A判:国際規格(ISO)
ドイツ発祥の国際規格のサイズ。
世界各国で仕上がり寸法として使用されています。

一方で、
B判:日本国内の伝統的な規格(JIS)
江戸時代に公文書に使用する紙を美濃紙に決めたことから、
美濃紙のサイズに由来。
A判の1.5倍にしたサイズ。

共通して、どちらも、比率は縦:横=1:√2の『白銀比』。
どこまで半分にしても同じ形、相似形の長方形。
どの大きさを作るにしても裁断にロスがなく、とても良いのです。

簡単にまとめると、
A判は、国際規格。
B判は、国際規格を1.5倍した日本独自の規格。
比率は縦:横=1:√2の『白銀比』でとても美しい!

ということでした!

年号でいうと、
西暦と日本の元号のようなものと言ったらいいのでしょうか。

日本人は本当に海外からのものをうまく取り込み、
また日本独自のものに変える力がありますよね。
紙にまでも活かされていたとは…!

二本立てはややこしい!と感じていた方もいらっしゃったかもしれませんが、
先人の方の知恵が詰まってできた紙のサイズだったのです。

使用の目的に応じて、ふさわしいサイズをお選びください!

2020年1月21日 | スタッフ:,  

【文字と紙】書体の種類(ざっくり編)

こんにちは!デザイナーの山本です。

近年は、タイピングやペーパーレスによって、
「文字」を実際に書くことからも「紙」を実際に触ることからも
少し距離がある時代になってきていると思います。
実際に自分もそうです。

ですが、「文字と紙」は、歴史を作ってきた、
もしくは歴史の産物とも言える身近にある壮大なものだと思うので、
「文字と紙」というテーマで、ブログをお届けしたいと思っています。

さて、記念すべき第一回目は…「文字」から!
書体の種類についてです。

「書体の種類」(ざっくり編)

初回なので、欧文書体、和文書体を
大きく2つに分けた時の種類について、ご紹介したいと思います!

1.【欧文】セリフ体とサンセリフ体
2.【和文】明朝体とゴシック体


1.【欧文】セリフ体とサンセリフ体


欧文書体を大きく2つに分けるとセリフ体とサンセリフ体に分けられます。
「セリフ」とは、文字の線の恥につけられる線や飾りのことで、
「サン」とは、フランス語で「〜ない」という意味です。
つまり、「サンセリフ」とは、飾りのないという意味になります。

セリフ書体で有名なのは、
Gramond、TRAJAN、Didot、Times New Romanなどがあり、
サンセリフ書体で有名なのは、Helvetica、Futura、DIN、Arialなどです。

それぞれの中に、もっと細かい種類はあるのですが、
セリフとサンセリフで、使用した時の印象が全く違います。


【和文】明朝体とゴシック体


和文の明朝体とゴシック体はより見慣れていますね!
明朝体は、横線に対して縦線が太く、横線の右端、曲がり角の右肩に三角形の山(ウロコ)のある書体のことを言います。一方、ゴシック体は、縦横どちらの線も太さが同じで、ウロコがない書体です。

欧文のセリフ体が和文でいう明朝体、
サンセリフ体がゴシック体というイメージです。

明朝体は、MS明朝、リュウミン、筑紫明朝体などで、
ゴシック体は、メイリオ、新ゴ、MSゴシックなどです。

日本語書体は、〇〇明朝体や〇〇ゴシックと書体の中に名前が入っているので、
名前で識別しやすいですね! 


セリフ体とサンセリフ体も、明朝体とゴシック体も、
与える印象や視認性可読性も異なってきます。
そのため、使用する箇所によって、
伝えたい雰囲気によって変更するのが良いですね!

ご存知の方も多かったかもしれないですが、
第一回目「書体の種類」(ざっくり編)でした!

2019年12月17日 | スタッフ:,  

|

pagetop