スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

【お店紹介】第2回:湘南唯一の蔵元 熊澤酒造

こんにちは。ディレクター 草場です。
なんでもネットで買えてしまうこの時代に、ついつい足を運びたくなるお店を紹介しています。

今日ご紹介するのは「熊澤酒造」。

みなさんご存知でしょうか?
湘南唯一の酒造なのだそうですが、レストランやショップが大変素敵で、その雰囲気を感じるためだけにでも、遠出したくなる場所です。

湘南唯一の蔵元 熊澤酒造

茅ヶ崎にある、湘南唯一の蔵元「熊澤酒造」
木々に囲まれた場所にある、とても気持ちの良い酒蔵です。

敷地内にあるのは、酒造はもちろん、ベーカリーやトラットリア、雑貨屋さんまで。地元野菜の販売なんかも行われていました。

想いに基づく素敵な取り組み

そんな熊澤酒造が大切にしている想いが、こちら。


明治5年の創業以来、ひたむきに日本酒を造り続けて150年。熊澤酒造は湘南に残された、ただひとつの蔵元です。

僕たちは、蔵元を単なる酒造メーカーだとは思っていません。地域の誇りとなる酒造りはもちろん、人々がそこに集い、酒を酌み交わし、何かを生み出す磁力を持った場所。
そう、地域文化の中心地でありたいと考えているのです。

そこに蔵元があることで、人々の暮らしが豊かになり、独特の文化が生まれる。
その文化は成熟し、100年、200年後にも受け継がれていくことを、僕たちは願っています。

引用元:https://www.kumazawa.jp/concept/


この想いに基づいた素敵な取り組みのひとつが、「地元農家とのプロジェクト」。
地域で栽培される農産物を使ったお酒やビールの開発、地元養豚農家とのソーセージづくりなども、もう20年、行なっているそうです。地域そのものを魅力的にし、地域貢献していくというプロジェクト。

他には、「歴史をつなぐプロジェクト」。
倉庫を改築したギャラリーの運営、古民家を移築してカフェやレストランとして活用したりして歴史をつないでいます。少しずつ、時間をかけて根を張り、文化を築いていこうというプロジェクト。

倉庫を改築したギャラリー

古民家を移築したカフェ

レストラン

お店に限ったことではないですが、「確固とした想いと取り組み」が感じられると、印象に残りやすいですよね。
共感を感じたり、誰かにオススメしたい気持ちにもなります。

時間をかけてじっくり、取り組みを続けてきたことが、熊澤酒造が人を惹きつける理由なんだろうなと感じます。

機会があれば、みなさんも是非、よってみてくださいね〜!

参考 https://www.kumazawa.jp/

2020年1月9日 | スタッフ:,  

第1回:神戸らしさが素敵。トアウエストのロクガツビル。

こんにちは。ディレクター 草場です。

ほとんどなんでも、ネットで買える便利な時代です。
食べるものも身に付けるものも、ネットで調べてポチッとして、家に届けてもらうことができちゃいます。

でもでも、ネットにはない、リアルな店舗の魅力ってありますよね!!

そんな訳で「つい足を運んでしまう、魅力的なお店」というテーマで連載していくことにしました。
ミシュランよろしく、旅行してでもまた行きたいお店や、遠回りしてでもいきたいお店まで。独断と偏見で紹介していきます。

神戸トアウエストの「ロクガツビル」

神戸のトアウエストというエリアにある、ロクガツビル。
入り組んだ細い道の先にある、とても雰囲気のある建物です。

置かれているのは、これまた雰囲気のある洋服やアクセサリー、雑貨の数々。
内装も、コンクリート打ちっ放しの壁にプリザーブドフラワーが飾ってあり、ついつい写真におさめたくなってしまうお洒落さです。
今年春に行ってから、すごーくお気に入りの場所になりました。

置いてある商品はもちろんなのですが、建物や内装、店員さん、、、全てから醸し出される雰囲気が「ここにいけば何か素敵なものに出逢えるだろう!」と思わせてくれるんですよね…
立地なんかも含めて、少し「隠れ家感」があるのも、惹かれる理由のひとつかな〜と思います。

1階に入っているのは、ブローチにまつわる商品が並ぶ「BROOCH」と、世界中のハンドメイド作家さんの作品を集めた「HOSHIZORA」

そしてこちらが、前回ゲットしてとてもお気に入りのブローチ。(自慢)

これを買うため、といった明確な目的がなくても、つい寄りたくなるお店です。
神戸が近い方がうらやましい!
機会があれば、みなさんも是非、よってみてくださいね〜!

参考 https://www.miyazakicarferry.com/mytripblog/?p=771

2019年12月4日 | スタッフ:,  

|

pagetop