スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

第6回:広告として成功するブランディング

こんにちは、デザイナー安武です。
緊急事態宣言が解除され、少しずつ日常が戻ってくる気配が感じられます。
息子は入学式のないまま、学習プリントをこなし、アサガオは芽を出し、計算ドリルを一冊終えようとしています。
成長ってすごいですよね。セレモニーとか、区切り、節目など、こだわっているのは当事者ではなく周りだけなのかもしれません。決まり事にとらわれずに、いつも通りに過ごすこと、成長し続けることを学ばされます。

さて、こんな時こそ、これからどうブレずに行くのか考えさせられます。

ブレないというだけのブランディング

ブレないというだけでブランディングになるのか?ということですが、結論として私は「成る」と思うのです。

ここで難しいのは、当事者はブレていないと思っている事例ほど、周りから見るとブレている事が多いような。
ブレるとか考えていない当事者ほど、ブレていない。ような。

このことについて考えてみると、人は何かと比べてしまう生き物だと思うのです。
マーケティング的に言えば、何かと比べて分析する方が、より良くなると考えられますが、ブレの考察については、比べなければブレない、と思われます。でもそれでいいのだろうか。。他と比べることなく、愚直に突き進む不安。そんなときに、周りのパートナーから「大丈夫」とか「もう少しこっち方向に」とか助言がもらえれば心強いですよね。
私たちの仕事はそんなパートナーになることでもあります。

自分のことって案外見えません。ましてや強い信念を持ち、まっすぐに突き進んでいると、周りが見えなくなることもあります。でも、近くに周りをみてくれる人がいたら、自分の状態を正しく判断してくれる人がいたら、それだけで、安心して走り続けることができる気がします。

私たちのお仕事の中で、ロゴデザインがありますが、ロゴにはブレない思いや志を、形や色などさまざまな要素で盛り込みます。お客さまにとってのパートナーの1つになるような、そんなロゴデザインを心がけているのです。

広告的に考えるとブランディングやロゴデザインも、流行の要素を取り入れたくなりますが、まずは、ブレない芯の部分をしっかりと形作り、それを軸にしなければ、ちょっとした風で倒れてしまうことも。

予想しない事態を経験すると、よりその芯の強さを大切だと感じます。


ブレとは煩悩のようなものなのでしょうか。。
増上寺にお参りして、ふと自分の原点を思い出しました。
いつも背筋をのばして、しゃんとしていきたいものです。

2020年5月26日 | スタッフ:,  

pagetop