スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

第6回:STAYHOMEでアートを楽しむ2

こんにちは。アシスタントディレクター小倉です!
引き続き外出自粛の中で楽しめるアートのご紹介をしていきます。

『誰でも』『いつでも』『無料で』アートを楽しむことのできるオンライン美術館

『誰でも』『いつでも』『無料で』オンライン上でアートを楽しむことのできるオンライン美術館HASARD(アザー)。サービス開始から1年を迎えられているそうですが、私は今回の外出自粛期間の中でこちらのオンライン美術館を知りました。

“ アートを、もっと身近に ”という理念のもと、無料で提供を行っているようです。どうして無料で見れるんだろうと思ったのですが、Webサイトにきちんと説明されていました。
Webサイトから説明を抜粋します。

HASARDと収益について
ずばり、HASARDでは、ユーザー様からもアーティスト様からも、利用料金を頂戴しておりません。
では、サーバー代等々の運用に必要な費用については、どうなっているのか?
正解は、代表の個人的なお金でまかなわれております。※代表は別にお金持ちとかではないです。
よく「なぜ無料で使えるのか?」と聞かれることがありますが、答えは単純で、収益化を考えていないからです(笑)
仮にHASARDを法人化し、メンバー全員がフルコミットで本事業を行う場合は、マネタイズについて考えなくてはいけませんが、基本的にユーザー様から利用料金をいただくことは考えておりません。
それは、私たちの考える “ アートを、もっと身近に ” の理念に合わないことだと思うからです。
チームや組織によって、何に重きを置くかは異なります。
私たちは、ミッションの実現に重きを置き活動をしているため、このような形で、サービスを提供させていただこうと思っております。

とても時間のかかることを無料で提供してくれているのを当たり前に思いたくないですね。
実際に美術館に足を運んだり、作品を購入したり…美術・芸術の分野に還元していきたいなと思いました。

ほかにもサービスへの思いや仕組みなど丁寧に綴られています。(→Webサイトへ

ちなみに展示作品は、常設展と特別展示/オンライン個展の2種類あり、最近クリムトの常設展が開始されたようです。
この常設展では、オンラインでしかできない形で展覧会が開かれています。

オンラインでPCやスマホから作品を楽しめるので、好きなスタイルで楽しめるのも特徴のようで、作品に合う音楽を探してきて、聴きながら見たりするのも楽しそうだなと思いました。
実際に美術館へ行くことのできない状況下ですが、引き続き今できる楽しみ方で過ごしていきたいと思います。

オンライン美術館HASARD(アザー)
https://wam-hasard.com/index.html

2020年5月21日 | スタッフ:,  

pagetop