スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

第5回:広告として成功するブランディング

こんにちは、デザイナー安武です。
弊社スタッフはほぼリモートワークとなっていますが、徒歩通勤の私は変わらずに出勤しています。
20分くらい歩いていると、この時期沢山のお花が咲いていて、とくにバラが美しい!
このあたりの住宅路地は植栽が多く、よく手入れされているのですが、立派なバラがきれいに咲いているのを見ると、持ち主の愛情を感じます。鬱々としたニュースも多いですが、外に出れば、テーマパークに行かずとも、植物の生命力にパワーをもらえる季節です。

流行と自分スタイル

さて、「流行と自分スタイル」これ、そのまま「広告とブランディング」という感じに捉えてみます。
広告は流行で、ブランディングは自分スタイル。ちょっと強引かもしれませんが、ファッションとして考えると整理しやすいかもしれません。

・いつも同じような服を、何年も変化無く着ている。選ぶ基準は無難。

これは一見自分スタイルを確立しているようですが、個性のないスタイルは多くの人のなかに埋もれてしまいます。

・流行の服をいつも取り入れている。雑誌に載っているものや店頭で見本にされているものと同じもの。

これは華やかではありながら、実は多くの人と同じ着こなしであるため、個性が見えてこないのです。流行だけを追うと中身がないように見えてしまう、デザインでもやってしまいがちな一例。

・いつも同じような服を、少しずつ形や素材などを変化させながら取り入れている。雑誌で流行を知りながら、自分の持っている服に合うものだけを選んで取り入れている。

これは自分の好みや見え方を知っている上で、環境や年齢の変化に応じていくのが、ベーシックでありながら個性のあるスタイルを作っていく、ちょうど良いバランスなのではないかと思います。

自分にあった服や着こなしを知っている人は、流行の取り入れ方も素敵です。
それに、身につけているものよりも、その人自身が素敵にみえます。

広告とブランディングの関係性も、こうありたいと思うのです。


自分らしさをみつけていなければ、流行の服を着ても似合わない。
ブランディングができていなければ、目を引く広告も効果を発揮しない。

流行の服を着てみても、自分らしく着こなさなければ素敵に見えない。
広告を打ち出しても、本来の姿が定まっていなければ、ファン獲得にはならない。

そんなことを考えながら、ブランディングとプロモーションを考えます。

長引く自粛の折、自分を見つめ直す時間がいつもよりも多くあります。
自分らしく、どんなチャレンジをしたらなりたい自分に近づけるのか、毎日の装いからも少しずつできることがあるように思います。

2020年5月11日 | スタッフ:,  

pagetop