スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

第3回:広告として成功するブランディング

こんにちは、デザイナー安武です。
令和になり2月に祝日が増え、嬉しいような気もしますが、ただでさえ短い2月がもっと減ってしまったような、不思議な感覚です。。今年はうるう年なので来年はもっと駆け足に感じるのでしょうか。それは歳のせい!という心の声も聞こえますが、それは来年の自分に問いましょう。

さて、今回のブランディングと広告の話は、私がブランディングの〈とっかかり部分〉と思うところです。


ブランドを決めるのは何?

ブランディングについて考えるとき、「何を」ブランドとするかをはじめのステップで考えます。
世の中のブランディングケースを見たときに、問題があればあるほど、「何を」の部分がよく考えられています。

いやいや、会社のブランディングなんだから、会社でしょ。
このブランドをブランディングしてって依頼したよね。

そんな声も聞こえます。でも、「何を」の部分を細かく具体化していくところから、ブランディングは進んでいくのです。

ピントは合っているか

ピントが合っていないと、人には正しく伝わりません。
それは例えば、10人の会社が1000人規模の企業であるかのように見せることと同じで、正しくない情報は誤解を生みます。
一方的に生まれた誤解は誰もハッピーにしてくれません。
そうならないために、きちんとピントを合わせて、正しく伝えると言うことが、とても大切なのだと思います。

さらにいえば、ピントが“合う”ことによって、奥行き感(深み)を感じさせられると思うのです。

ではどのように??というと。

「私たちは、デザインエイエム」
これではすでに名が知れ渡っていて、ブランドが確立されていなければ成り立ちません。

「私たちは、渋谷区のデザイン事務所の、デザインエイエム」
ではちょっと弱い。渋谷区にデザイン事務所はうんと沢山あるし、その沢山の中から選んでもらう動機がない。

「私たちは、渋谷区のブランディングデザイン事務所の、デザインエイエム」
ちょっと具体性が出てきました。

「私たちは、日本でブランディングもロゴもWEBもできるデザイン事務所、デザインエイエム」
間違ってはいませんが…ちょっとぼやけましたよね。。

こんなふうに尺度を変えながら、ピントを合わせていきます。
この「何のブランドか」というのは、自分達は何者かと言うことでもあります。

広告手法では、この自分達のカテゴライズというのを、ちょっと無理矢理つくりだすこともあります。
むしろ何か大きな代表例にのっとり、それっぽく見せたり、流行のスタイルにはめ込んだり。
でも、ブランディングにおいては、正しく、本来の姿の魅力を伝えることが大切なのだと思います。

自分達は何者なのか、外側からどう見えているのか。

ちょっと脱線「わたしは誰でしょうクイズ」

乗り物や食べ物、動物、道具などが書かれたカードがあります。
目をつぶってカードを引いて、額に貼り付けます。
わたし(カードの絵柄)は誰か?を簡単にで答えられる質問を周りにします。
「わたしは食べ物ですか?」「そうです」→「わたしは硬いですか?」「柔らかいです、ふわふわです」
→「わたしはそのまま食べますか?」「そのまま食べたり、焼いたりします」→「わたしはパンですか?」「アタリ!」
…というゲーム。(大分端折りましたが)園児さんくらいでやると盛り上がります。

これ、自分達は何者かを探すちょっとしたヒントになります。
ポイントは、外からどう見えているのか。

誰にでも分かるような簡単な言葉で、自分を言い表すというのは、案外難しいものです。
事業内容や、同業他社との違いなど、言いたいことは山ほど積まれ、聞いている方は何だったか分からなくなる。
そして自分自身のことって、こうだと思っていても傍目には違うかも、と言うことありませんか?
自分が思う自分の姿と、他人から見える自分の姿。
この2つを理解することが、ブランディングの大事な一歩でもあるのです。

正しい理解が、本来の姿と、魅力を見つけ出させてくれます。


今回はブランドとは何かを、ピントを合わせることと、自分達は何者かということで展開しました。
複雑に見えるかもしれませんが、1つずつクリアにしていくことで、「私はこういう者です」ということが明文化していくのは、なかなか小気味よいものです。
次回は、赤く見えているものを青く見せたい、さてどうしましょう。

2020年2月25日 | スタッフ:,  

pagetop