スタッフ

アーカイブ

STAFFBLOG スタッフブログ

オーケストラ

こんにちは、デザイナーの大津です。
今回は趣味の話をしようと思います。

私は某オーケストラに所属しています。楽器はヴァイオリンです。
(一見華やかに思えますが、全くもって普通な人が多いです笑)

自分のキャパが溢れそうな時に、何も考えずに楽器を鳴らすと、
純粋に音だけを楽しめて、肩の力が抜けます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

…さて、オーケストラ!というと、敷居が高いでしょうか?
演奏会へのドレスコードはスーツ?ワンピース?
なんて迷う方もいるようですが、パーカーにジーンズでも大丈夫です笑

最近では映画・アニメ・ゲームの演奏会も多くなってきたので、
敷居は低くなりつつあるのでしょう。

面白い曲や演奏もたくさんあります!

これはタイプライターを使った、かわいい曲です。
ソリストの動作がいちいちコントのようです笑

windowsに触ったことのある人は、きっとニヤっとしてしまいますよ。

オーケストラを聴きに行くと、生音が耳に嬉しいです。
弦楽器を例にあげますが、
木が鳴る音は、直に聴くと本当に美しいので、おすすめします。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

そして、私の所属しているオケでは、クラシックや現代音楽を演奏しています。
現代音楽に関しては、贅沢にも、
毎回異なる作曲家に委嘱し、1曲作ってもらっています!

「現代音楽」って聞いたことありますか?
よく小難しい、わからない、と聞きますが、
現代音楽も、現代アートと同じで、解釈もすべて自由に楽しんでOKです。

クラシックで有名なベートーヴェンやチャイコフスキーは、今を生きていません。
このフレーズの解釈はこうだ!いやこうだ!と様々な解釈を楽しみます。
諸説もたくさんあり、それに乗っ取り楽しむもよし、です。
逆に諸説に縛られて苦しむ方もいます。

一方現代音楽では、今を生きる作曲家に曲の解釈を聞くことができます。
また初演をする際は、奏者と二人三脚で、理想の音を作り上げ、
お客さんはお客さんで、聞いたことのない、未知の音を聞く。。
未知の音、世にさらされていない音ということは、
どう捉えてもよい!という気軽さが、実はあるんです。

現代音楽は、作る過程から演奏・世に出てからも面白い、、
そんなジャンルだと思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ふらっと展示に行くように、ふらっとライブハウスへ行くように、
たま〜にオーケストラを聞きに行ってみてはいかがでしょうか?
以上、オーケストラの話でした!

※画像は所属オケからお借りしています。

2017年3月27日 | スタッフ: 

pagetop