スタッフブログ STAFFBLOG

やちむんの里

こんにちは。
デザイナーの鈴木です。

先日、遅めの夏休みを頂いて沖縄に行ってきました。
ちょうど台風とバッティングして、予定通りに事が進まぬ別の意味で楽しい旅だったのですが、その際に立ち寄った「やちむんの里」はとても思い出深かったです。

「やちむん」とは沖縄の言葉で「焼き物」のこと。
(最初「やむちん」と読んでいたら現地の友人に即注意されました。)

やちむんの里には20近くの窯元が集合していて、
その窯元で作られた焼き物が同じ敷地内の販売所で売られている仕組みです。

窯元ごとに同じ絵付けでも、やはり人が違えば味わいも違い、
自分の好きな窯元を探すのがすごく楽しかったです。お店の奥で作っている雰囲気が感じられるのも魅力でした。
真面目そうな人がつくっただろうなとか、ここは商売を重視しているなとか、色の組み合わせが変わっているなとか色々なことが想像でき、面白かったです。

買うつもりはなかったのですが、私はソーサーをゲットしました(写真がそれです)

台風のおかげの偶然の出会いにとても満足できました。

2017年9月25日 | スタッフ: 

KIGI WORK & FREE

こんにちは!web担当の草場です。

先日「KIGI WORK & FREE」をみに、初めて宇都宮美術館に行ってきました。
会期は9月24日(日)までです!
気になっているけど行けていない〜という方は、今週末に是非。

–概要————————-
2012年のKIGI設立後は、「D-BROS」のディレクターを務めるかたわら、
クライアントワーク、ファッションブランド、アート作品の展覧会、
オリジナルショップ&ギャラリー「OUR FAVOURITE SHOP」の運営など多彩な活動を展開している。
近年は、プライベートワークにも積極的に取り組み、
日々の仕事を通じて発見しつつも、
制約により実現までいたらなかったイメージやアイデアの萌芽に丁寧に寄り添うことからはじまる作品づくりをおこっている。
同展では、KIGIの数々の取り組みを仕事(WORK)と作品(FREE)という2つの方向から紹介され、
その伸びやかで魅力溢れる世界観を鮮明に提示する。
——————————-

KIGIのおふたりが、それぞれ作品にこめた想いをかみしめながら、ゆっくり見てまわることができました。

「風贈り」という作品は、おふたりが風鈴の短冊を会期中毎日手紙として送り、
それを受け取った学芸員の前村さんに吊り下げてもらっているものだそうです。
都内からは少し距離のある宇都宮美術館だからこそ、なんだかとても、じ〜んときました。

宇都宮美術館、はじめて伺いましたが、緑豊かな場所にあって、大きな窓から木々がのぞく、
とても素敵な美術館でした。
静かな空間で鳴る風鈴の音が心地よかったです。

そんな空間でみる作品はまた一層素敵で、いい休日が過ごせました。

一部文章を下記サイトから借用いたしました。
https://www.japandesign.ne.jp/news/2017/06/29529/
https://www.axismag.jp/posts/2017/07/78650.html

2017年9月19日 | スタッフ: 

コーヒーとコーギー

デザイナーの大津です。

みなさん「あるある」だと思うのですが、
ネットで調べものをしていると、単語を誤入力していたがために、
全く違う検索結果が出てきて「ああー…」ってなること、
よくあると思います。

私はさきほど、まさかの誤入力で新たな発見をしました。

「コーヒーカップ」を検索しようとして「コーギーカップ」を、
「コーヒーブレイク」を検索しようとして「コーギーブレイク」を。。笑


コーギーカップ
http://www.haru-shop.com/haru-syop/org001.html

コーギーブレイク

hとgが隣なので、まさかの誤入力でしたが、
結果とても癒されました笑
コーギーかわいいですね…^^

画像をお借りしました
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC

2017年9月18日 | スタッフ: 

< 古い記事 |

pagetop