スタッフブログ STAFFBLOG

オーケストラ音源の最高峰SymphonicOrchestraのパッケージの違いについて

blog_thumb150529

こんにちは、WEB担当西本です。

今回は前回も説明しました通りEASTWEST Symphonic Orchestraをご紹介いたします。

この音源は自分も重宝しており、オーケストラ曲では必ず、それ以外でもストリングスで使ったりと使用頻度はかなり高い音源です。
下手なオーケストラ音源を買って物足りなくなるのであればこれを1回買って使い込んだ方がお得です。

このSymphonic Orchestraには異なるパッケージ(Silver、Gold、Plutinum、PlutinumPlus)があります。
それぞれ細かい違いなどは公式サイトで見ていただくとして大まかな違いはというと
・Silver 一番お買い得だが楽器数が少ない
・Gold 楽器は全て含まれているが残響なしの音源がない
・Plutinum 楽器全て含まれていて残響なしも収録
・PlutinumPlus Plutinumより音質がいい

この中でオススメはPlutinumです。
Goldでも楽器は全て含まれているからいいじゃないかと思いますが、実はこの残響なしの収録というのが重要です。
残響ありとはどういうことかというとホールで聞いているそのまんまの音ということです。
専門的に言うと全部にリバーブがかかっている状態です。
これはオーケストラ曲であればさほど問題にはなりませんが、例えばこの音源のクラリネットを小編成の室内楽曲で使用したい場合
他の楽器が部屋の中で演奏しているのに対して一人だけ大ホールで演奏しているので浮いてしまいます。
ストリングス等はPOPSで使用することも多々あります。
この時もミックス(曲の中の各楽器のバランスをとること)時にすごく扱いずらい音像になってしまいます。

高いお金を払ってせっかく買ったのに、音は好きなのに使いづらい・・・ということにならないためにもPlutinum以上をオススメします。
PlutinumPlusに関しては音質の違いがわかる人のみと考えて問題ないです。

かくいう自分もGoldを買って上記のような壁にあたってPlutinumにバージョンアップしました・・・。

総合音源ではないですが、今はEASTWESTからHallyWoodシリーズとして各セクションごとの音源も出ています。
使った事はないですが、単純にSymphonicOrchestraシリーズの上位版ということみたいですので予算があればそちらを集めるのも良いかもしれません。

2015年5月29日 | スタッフ: 

世界に一つのヘッドホン

just01

皆様こんにちは。
グラフィックデザイナーの江村です。

通勤中や休憩中、はたまた運動中など、
最近は外出時にも好きな音楽を聴く生活が「一般的」といっていいほど
携帯オーディオ機器が進化してきましたね。
皆様はどんな環境で音楽を楽しまれてますか?

今回ご紹介するのは、そんな外出中の音楽を最高の環境で楽しめるアイテムです!

just02

Just ear
ソニーエンジニアリング株式会社が開発した“世界に一つのヘッドホン”です。
“世界に一つのヘッドホン”というのは、
実はこの製品自分の耳の形に合わせてテイラーメイドできるヘッドホンなのです!
耳の型を採り心地よいフィット感と最適な音を届ける形状を作るのはもちろん、
エンジニアが使用環境や好みの音楽に合わせて音響設計までしてくれるんです!

just04

人それぞれの形状に合わせてつくるため、職人さんの手作業となるので、
一般的なヘッドホンよりはお値段もお高くなります…。
でも、いい音やフィット感を探して電機屋さんを徘徊する僕としては、
是非一度付けて音を聴いてみたい一品です!!!
当たり前ですが、その最高の音を視聴ができないのが悲しいですね…。笑

持ってる!という方がいらっしゃいましたら、是非感想をお聞かせください!

just03

>> ソニーエンジニアリング Just ear 製品ページ

2015年5月28日 | スタッフ: 

ミナカケル

thumb_0522

グラフィックデザイナーの村井です。

青山のスパイラルで開催されている展覧会、
「1∞ ミナカケル」に行ってきました。

スカイツリーのユニフォームを手掛けたことなどでも知られる
『minä perhonen』の、ブランド20周年を記念した今回の企画。

thumb_01_0522
会場では、これまでのアーカイブアイテムの展示や、
ものづくりへの想いが感じられる映像の投影が。

thumb_02_0522
会場奥、吹き抜けの空間では、ブランドのテキスタイルを使った
家具や洋服たちが、巨大モビールとなってゆらゆら揺れていました。

シーズン毎に発表されるオリジナルの図案を用いたテキスタイルは、
素材や刺繍など細部に至るまで、一つ一つにこだわりが感じられます。

thumb_03_0522
こちらは、個人的にもお気に入りの「go!」というテキスタイル。
会場ではメッセージと共に展示されていましたが、
物語性のあるデザインは、どれも素敵なモノばかり。

これから先もどんなモノが生み出されていくのか…楽しみです!

2015年5月27日 | スタッフ: 

< 古い記事 |

pagetop