スタッフブログ STAFFBLOG

錯覚のデザイン

グラフィックデザイナーの村井です。

最近、気になる作品を見かけました。
アナモルフィックデザイン」と呼ばれるこちらの作品。

thumb_1114_01
(画像はお借りしました)

作者はイタリアのアーティスト、アレッサンドロ・ディッディ氏。
一見すると鉛筆で描かれた単なる絵ですが、
よく見ると描かれている物体が浮き上がって見えます!

“アナモフィック”とは“歪曲的な”の意味。
平面の物を立体的に見せる錯視を用い、
絵の中の物体が浮かび上がっているかのように見せる
「立体絵画アート」だそうです。

見れば見るほど、平面なのか立体なのか、
わからなくなってきそうです、、。

巧妙な陰影や、リアルのオブジェクトとの融合など、
真似してみるのはなかなかハードルが高そうですが、
WEBで検索すると描き方も紹介されているので、
ぜひ一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

2014年11月14日 | スタッフ: 

|

pagetop