スタッフブログ STAFFBLOG

笑っていいとも

グラフィックデザイナーの桑原です。

「笑っていいとも」というテレビ番組が32年間続き、
本日ついに放送終了となりました。

次々に変わっていくテレビ番組が多い昨今、
これだけ長く続いたテレビ番組は珍しいのでないでしょうか。

笑っていいともというシンプルで覚えやすいタイトル、
ロゴ、サングラスがアイコンとなった司会のタモリ、
誰もが知るお昼の番組でした。

長年続いたからこそ、より多くの人が自分の年齢と重ね合わせたりして、
終了することに対し、何か寂しい気持ちになるのかもしれません。

私も幼い頃よくみていましたので、
なんとなくその頃の色々な記憶が蘇ったりします。

改めて、始まりがあれば終わりがあるというのを実感しました。
タモリさん本当にお疲れ様でした。

2014年3月31日 | スタッフ: 

「迎え」のデザイン

グラフィックデザイナーの村井です。

ようやく訪れた春の陽気に合わせるかのように
先週末に開業したCOREDO室町2&3
そして弊社でもお世話になっている日本橋三井タワー等の
リニューアルも合わせ、全83店舗(!)がオープンした日本橋室町。

社内で流れているラジオでも連日話題になっており、
注目度の高さがうかがえます。
そんな話題のスポット、日本橋では現在「日本橋大暖簾プロジェクト」
というものが行われています。

“暖簾の精神を未来に継承し、日本橋に『熈代勝覧』の情景を蘇らせ、
新しく創りたい”という同プロジェクト。

さきほどご紹介した日本橋三井タワーをはじめとした5カ所に、
それぞれ粋・栄・楽・桜・橋をテーマとした
素敵な紋の暖簾が掲げられています。

『熈代勝覧』とは、江戸の中心地であり活気のあふれる問屋街であった
日本橋を描いた長大な絵巻で、なんと横の長さは12m(!)もあるのだとか。
(↓画像はその一部をお借りしました)

thumb_0327_01

通りを行き交う人々や無数の暖簾が、当時の街の活気を想像させてくれますね。

いつも見慣れた建物も、入口に暖簾が掲げられるだけで、
誰かに迎え入れられているような、少しあたたかい気持ちになりました。

2014年3月28日 | スタッフ: 

「本」の自動販売機

本の自動販売機

アシスタントディレクターの小山田です。

JR西日暮里駅のホーム上で「本」の自動販売機を見つけました。

駅ナカの自動販売機と言えば飲料が主流で、
近頃はお菓子やバナナなどの食品が販売されていますが
本の自動販売機まであるとは驚きでした。

写真では分かりにくいのですが、
ひとつひとつ内容紹介が添えられており、まるで本屋さんのよう。
サスペンスからマナー本まで、バリエーションも豊富です。

旅行や出張など、電車での移動時間が長い方には
旅の「お伴」になりそうですね。

2014年3月27日 | スタッフ: 

< 古い記事 |

pagetop