スタッフブログ STAFFBLOG

紙象嵌〜紙に紙をはめこむ〜

ディレクター林 です。

象嵌(ぞうがん)という面白い加工を見つけました。

象は「かたどる」、嵌は「はめる」と言う意味があり、
象嵌本来の意味は、一つの素材に異質の素材を
嵌め込むと言う意味だそうです。

今回は金工、木工、陶象等の工芸技法を紙に用いたものです。

紙の加工方法はいろいろありますが、
紙に異質の紙を嵌め込む事で新しい表情が生まれます。

例えばざらつきのある紙に、つるつると光沢のある紙を
嵌め込むと普通に印刷した時よりも強く印象に残るようになります。

チャンスがあれば挑戦したい加工の一つです。

2012年8月28日 | スタッフ: 

お盆

グラフィックデザイナーの桑原 です。

まだまだ暑い日が続きますが、お盆が過ぎました。
多くの地方では8月13日〜16日をお盆としていますが、
その間、子どもに精霊馬を作らせました。
きゅうりやなすに割り箸を刺してつくる、あれです。
先祖の霊がこの世とあの世を行き来するための乗り物で、
きゅうりの馬に乗って早く来てくれるように、
名残惜しいので、なすの牛に乗ってゆっくり帰るように、
との願いを込めたものといわれているそうです。
馬と牛を夏の野菜で表現するというのは先人の面白い知恵ですよね。

2012年8月22日 | スタッフ: 

舎人公園でBBQ

ディレクター林 です。

はじめて舎人ライナーに乗って舎人公園に行ってきました。
舎人ライナーは高い所を走っているので、目の前に空が広がり、
なかなか気持ち良かったです。

天気が良いというか、良すぎて日陰を求めながらのBBQでした。

木陰にいたので、あちらこちらに蝉の抜け殻を見つけました。
時折降り掛かってくる水滴は、「隣の人たちかな?」と思ってましたが、
蝉のおしっこだそうで。

それも自然の醍醐味ですね!

2012年8月21日 | スタッフ: 

< 古い記事 |

pagetop