STAFFBLOG スタッフブログ

HiGH&LOW THE MOVIE

こんにちは、グラフィックデザイナーの桑原です。

HiGH&LOW
みなさまご存知でしょうか。

私も遅ればせながらドラマ・劇場版1・劇場版1.5を拝聴いたしました。

ここで「HiGH&LOW」のご紹介。
EXILE TRIBEの総合エンタテインメントプロジェクトとして企画・制作され、テレビドラマ・映画・漫画・ネット配信・音楽・ライブツアー・SNS・体感イベント・フラッシュアニメなど様々なメディアで展開する完全オリジナル作品。EXILE HIROが総合プロデュースを務めており、EXILE TRIBEのメンバーをはじめ、EXILE TRIBE以外からも多数の俳優、女優、アーティスト、タレント、格闘家らがキャスティングされている。ウィキペディアより引用
EXILE HIROさんが総合プロデュースということで、正直尻込みしていた私…

しかし、上記のメディアの展開の仕方!とにかく前代未聞。
テレビドラマ・映画・漫画・ネット配信・音楽・ライブツアー・SNS・体感イベント・フラッシュアニメ
言葉で書くのは簡単ですが、これらが全て紐付くような設定が出来上がっており、
綿密な計画が練られていたのではないかと思います。

2015年に公開されたドラマ版、冒頭に長めのストーリーの説明が入っており、
主要人物はいきなり死んでるわ、行方不明者はいるわ、入院してるわ…
とんでもなのですが、なぜかすごく面白いんです!
話はとんでもなのにさらにとんでもないクオリティのアクションシーン!
映画ファンからもアニメファンからも人気が高いです。

総合エンタテインメントプロジェクトの名の通り、観客を楽しませようという意気込みに溢れています。

想像以上!

http://high-low.jp/

画像引用先
http://www.mulan.jp/talent/2416/

2017年12月6日 | スタッフ: 

ベイビードライバー

こんにちは グラフィックデザイナーの桑原です。

スパイダーマンホームカミング!!の話を書こうと思っていたのですが、

度肝を抜かれたこの映画のお話をせねばなりません…

「べイビードライバー」

!!!!!!!!

カーチェイス版ラ・ラ・ランドなんていう触れ込みなのですが、個人的にはラ・ラ・ランドを超えました!

あらすじ
凄腕のゲッタウェイ・ドライバー(逃し屋)、ベイビーは任務中に音楽を聴くことで有名だった。お気に入りの音楽を聴くことで、彼の集中力と反射神経は極限まで研ぎ澄まされるのだ。幼少時に遭遇した自動車事故の後遺症で、ベイビーは酷い耳鳴りに苦しめられていた。彼にとって、音楽は耳鳴りから逃れることができる唯一の道でもあった。
ある日、ベイビーはウェイトレスのデボラに一目ぼれする。これを機に犯罪の世界から足を洗おうとしたベイビーだったが、彼を気に入っていた暗黒街の大物、ドクがそれを許すはずはなかった。
Wikipediaより引用

こんな話だったかな…?同行者は少し中途半端な印象を受けたそうですが
私には久しぶりの大ヒットです!

映画を見たその日からベイビーのことしか考えられなくなり、

しかしパンフレットは売り切れ、
6分間の冒頭シーンを繰り返し見続けなお気が狂いそうでした

気がつくと私は夜の渋谷を自転車で駆け抜けタワーレコードへ
サントラを買う、ツタヤで監督エドガーライトのDVDをあるだけ借りて

宮益坂をかつてない速さで登りきり

そしてやらかしました…

でもいいの!!

だってべイビードライバーだもの!!(?)

もう言葉が出ません。このブログを読んだ方はすぐにでも劇場へすっ飛んで行ってください!

とにかくすごい!!!

2017年8月23日 | スタッフ: 

アルティメット・ライトニング・マックイーン

こんにちは、デザイナーの桑原です。

先日弊社アシスタントディレクター小林がカーズについてブログを書いていました。

私はカーズはまだ見ていないのですが、カーズのアルティメットなおもちゃをこ紹介します。

Sphero社より発売されました

「アルティメット・ライトニング・マックィーン」

https://www.youtube.com/watch?v=39kPitASicI#action=share

※Sphero社
2010年にコロラドにて創業。ベンチャーキャピタルTechStarsの創業者であるDavid Cohen氏からシリーズAで112万ドルを調達。その後,何度か資金調達を行ったあと,2014年にDisney Acceleratorから資金を調達したことが大きな転機となる。
引用元:http://gihyo.jp/news/report/2015/10/0801

※Disney Accelerator
ディズニーのスタートアップ支援プログラム、スタートアップアクセラレーターとして知られるTechstarsと組んで、15週間にわたって行われる。選ばれた11社には、ディズニーの経営陣らが直接指導を行なうほか、最高12万ドルの投資も行われる。
引用元:http://markezine.jp/article/detail/20458

2015年にスターウォーズのBB-8を発売したことで話題となったSphero社
球体の上に半球の頭(?)が乗っかっておりコロコロと転がる姿が愛らしいBB-8
街で見かけた時にどうなってるんだ!?と思った方も多いと思います。

カーズの新作公開に合わせて開発されたこの「アルティメット・ライトニング・マックィーン」

代官山の蔦屋で見かけたときは衝撃を受けました。

・表情
・瞳を映している台形のフロントディスプレイ
・アプリ連携だが アプリを連携しなくてもリアクションが返ってくる
・アプリ連携なのに、本体から実際の車から録音した本格的なエンジン音が流れるスピーカー搭載
・(これ一番興奮しました)初代カーズの映画に反応する「ドライブイン」機能

しかも日本語対応してます!

ピクサーのアニメーター達と一緒に、共同チームとして、マックィーンがどのタイミングでどういう動きをするとか、形やデザインといった点をかなり考え、はじめの企画段階からスケッチ、レンダリング、そして完成までピクサーととても緊密な関係で作成したとのこと
引用元:http://www.gizmodo.jp/2017/06/interview-sphero-ultimate-lm.html

お値段驚きの税込 41,450円
しかしこの技術…安いくらいなのではないかと思わざるを得ません。

原研哉さんのこちらの講義の冒頭に出てくる笑う車の登場ももう目の前なのではないでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=gxfccWb9-ww

画像引用先:http://kenichinishimura.blogspot.jp/2011/11/16.html

2017年8月9日 | スタッフ: 

< 古い記事 |

pagetop