STAFFBLOG スタッフブログ

カーズ クロスロード

こんにちは。

アシスタントディレクターの小林です。

7/15(土)はカーズ クロスロード初日でした。
ええ、もちろん早速観てきましたとも!!

テレビやラジオで、ネタバレになりそうなものが聞こえる度に
目を閉じて耳を塞いで、そりゃもう楽しみにしておりました。

レースシーンは、益々迫力倍増!
思わず左右に体が動きます。

途中はドキドキハラハラして、涙して、あっと言う間に時間が過ぎて・・・。

でも、上映後。
正直言って、自分の気持ちに少し戸惑いました。
レビューを見てみると、クリードを思いだしたのは自分だけでは無い様ですね。

これまでのピクサー映画が主人公の「発芽」や「成長」を描いていたとしたら。
今回描かれていたのは「成長」ではなく「変化」かなあ。
まあ、これもある種の「成長」なんだろうけれど・・・。

成長が単純な一本道の前進だとしたら、今回は違う道を進んだというか・・・。

あ!!
正に「クロスロード」か!

カーズ「3」じゃなくてカーズ「クロスロード」
タイトルの含みに、もう少し敏感になるべきでしたね。

奥田民生さんの主題歌は、飄々として乾いた感じが良くて。
ストーリーも音楽も映像も、もちろん何もかも良かったのですが。

う~ん。
自分はまだ単純な、一本道の夢を見ていたいんだろうなあ・・・。

そこまで思い入れは無かったつもりでしたが。
ワタシ、真っ赤なマックィーンが随分と大好きだったみたいです。

※アイキャッチ画像は以下URLからお借りいたしました※
http://rocky-custom-label.at.webry.info/200811/article_75.html

2017年7月21日 | スタッフ: 

pagetop